ごあいさつ   
校長  長井 俊英 
七中ホームページによ うこそ!


  高槻市が取り組んでいる連携型小中一貫教育の研究指定をうけ、校区の三箇牧小学校、柱本小学校とともに『人間力の育成〜夢を持ち、学び続ける〜』に取り組んでいます。七中校区の目指す子ども像は、

 1.自ら学び、考え、進んで行動する生徒
 2.自らを大切にし、違いを認め、相手を大切にする生徒
 3.希望と目標を持ち、未来を切り開く生徒

 中学校在籍中も、卒業しても、自分で考え判断し、自分の夢に向かってたくましく生きていく人間に育ってほしいと願っています。
 学校としては、まず『安心、安全な学校』、その上で『生きる力の向上』を目指しています。施設設備の安全はもちろん、暴力や暴言、いじめなどがなく、誰もが安心して学校生活が送れる学校でありたいと願っています。その上で、生徒が持つ力を十分に引き出せるよう授業作り、集団作り、規範意識の醸成など総合的に学力向上に取り組んでいきます。生徒に対しては『2つのルール』として『人の心も体もきずつけない!(安心安全な学校の基本』『人の話は目と耳と心で聴こう!(学力向上の基本)』を繰り返して伝えています。

 また、七中では平成16年からJASMINE運動に取り組んでいます。

J:  授業を大切にしよう
A:  挨拶をしよう
S:  掃除をしよう
Mi: 身だしなみを整えよう
N:  Noチャイムに取り組もう・・・昨年子どもたちの声により、今年度よりチャイムンを始動
                     しています。
E:  エコ運動に取り組もう  
 

 これは生徒たちが、七中を良い学校にするために、良い学校とは具体的にどんな学校かと考えてスタートした運動です。10年たった今も受け継がれています。今後もこのよい伝統をしっかり引き継ぎ、生徒、保護者、教職員が協力して安全で安心して過ごせる、7中を作っていきたいと思います。