地域と連携した特色ある学校づくり推進事業
<目的>
各学校が児童生徒の実態や保護者・地域の意見を踏まえ、「横の連携」を生かした特色ある学校づくりを推進する。
学校、家庭、地域が教育における互いの役割を理解し、それぞれの責任を果たすとともに、 相互の連携や協力により校区全体の教育力を高め、次代を担う児童生徒の「社会を生き抜く力」を育成する。



阿武野中学校の取組


「輝け 阿武中生! 学力向上プロジェクト」

今年度も「考える力を育成し、学ぶ意欲を高める授業の創造〜全教科における
言語活動の充実〜」をテーマに授業改善を進め、電子黒板やプロジェクターな
どのICT機器を活用した「わかる授業」づくりに取り組みます。
また、家庭とも連携した家庭学習習慣(自学自習力の育成)の定着を図ります。

  小中一貫教育の推進      
   授業アンケート、生活アンケート、教育相談、社会性測定用尺度の実施      
   ラインズeライブラリアドバンス「家庭学習サービス」導入   
地域と連携した平成28年度の取組
・前期の取り組み
・後期の取り組み
・家庭学習リーフレット
  校内研修(授業改善、評価、特別支援、道徳、生徒指導…)   
  あぶのブラスコンサート   
  あぶのフェスタ   
  福祉体験学習   
  校内授業研究   
地域と連携した平成29年度の取組
・阿武野中学校区グランドデザイン
・前期の取り組み
・後期の取り組み
  わくわくミニ運動会      
  特別支援教育「障がいのある仲間とつながるために」      
  クリーンキャンペーン      
  地域の文化祭参加