5年

学年の様子

国語科の「すいせんします」という単元で、クラブ活動を推薦する文章を書いています。
理由を明確に、体験を交えて、説得力のあるものをつくりあげています。
来週には、実際に次年度にクラブ活動を控えている3年生に推薦しに行きます。
また、先日は3年生の学習発表会のリハを見に行きました。
3年生の頑張り、特に大きな声で発表する姿勢、一生懸命演奏する合奏など、
5年生にとってもいい刺激になりました。
5年生の学習発表会のリハは3年生が見に来てくれます。
リハも本番も3年生に負けないくらい堂々とやりきりたいと思います。
学年を越えたペア交流も積極的に行い、子どもたちのお互いの成長につながればと思います。
(2月15日更新)




1月15日(月)平成30(2018)年度の新1年生に向けて「わくわくスタート」を行いました。
来年度6年生になる5年生が「学校が楽しいところだと思ってもらえるようにする」という目標をもって、
新1年生と交流しました。
 それぞれ自己紹介した後、「学校探検チーム」「体育館でゲームチーム」に分かれ、
楽しい時間を過ごしました。
5年生は新1年生の背に合わせてお話を聞いてあげていたり、
泣いている子にそっと寄り添ってあげるなど、優しい姿をたくさん見せてくれました。
(1月31日更新)


11日(木)の2・3時間目に高槻市学力テストをしました。
普段のテストよりも問題数や傾向が違い、子どもたちも頭を悩ませながら取り組んでいました。
二教科連続だったので、子どもたちにとってはしんどかったと思うのですが、
テスト後、すぐに問題の解き方を質問しにきたり、友だちと算数の教科書を確認したり、
意識の高さには驚かされました。
後日、結果が出るので、課題克服のために生かしていきたいと思います。
(1月26日更新)


12月12日、13日、14日に各クラスで収穫祭を行いました。
もみまきから始まったお米作りは、田植え、稲刈り、脱穀と、
子どもたちの努力とボランティアのみなさんの協力のおかげで順調に進んできました。
そしてついにそのお米を自分たちで食べる時が来ました。
お味噌汁と一緒にお米を鍋で炊く子どもたち。
わくわくしながら火加減に目をやり、その時を待ちます。
少し焦げてしまったお米、うまく握れたおにぎり、味の濃いお味噌汁、
出来栄えに違いはあれど、どの班からも「おいしい」との声が聞こえてきました。
お米作りに携わったボランティアの方々、共にがんばった仲間たち、
そして自然の恵みに感謝して、大切に味わっている姿が素敵でした。
(12月21日更新)

 

 
11月30日に道徳の「他の人とのかかわりに関すること」の授業の一環で、
『相手の立場に立つ、日々の生活が人々の支え合いや助け合いで成り立っている』ということを
少しでも感じてもらえばと、学年でスライドを見ながらいろいろな場面でどうしたらよいかを考えました。
学校でも機会があるごとに、共通のルールを守って生活するということを前提にお互いに違いを認め合ったり、
助け合ったりして学校生活を送れるよう声掛けしていっています。
ご家庭でも、どんなことを勉強したのかぜひ聞いてみていただけたらと思います。
(12月12日更新)

 

 
台風などで天候が悪く、なかなか乾かなかった稲もやっと乾き、先日、各クラスで脱穀をしました。
千歯扱きを使用して、グループごとに分かれて作業をしました。
1時間ではとても終わらないぐらいに実ったお米に子どもたちも驚いていましたが、
それでも一生懸命に脱穀に取り組みました。
作業が終わった後はさすがに疲れたようでしたが、
子どもたちからは「この後、お米はどうなるん?」
「はやく食べたいなぁ」など、今後の総合の活動を楽しみにしている様子でした。
今後も、お米の大切さや農家の方々の苦労にも触れつつ学習を進めていこうと思います。
(11月28日更新)




10月26日(木)、社会見学で、NHK放送局と大阪歴史博物館に行きました。
NHKの映像技術、収録現場、キャスターやクロマキーの体験活動に子どもたちは興味津々。
歴史博物館でも時間が足りなくなるほど、ひとつひとつの展示を丁寧に見て、メモを取っていました。
今後社会科で情報の学習をします。
そこで今回学んだことを生かしていければと思います。
また、電車の中、歩道を歩くときもマナーに気をつけて静かにしたり、
声かけをしたり、高学年として立派な姿を見せてくれました。
(11月13日更新)

 


10月18日(水)稲刈りをしました!
雨続きの2週間でしたが、この日だけ晴れました。
前日までの雨で、地面はぬかるんでいましたが、子供たちは足をとられながらも一生懸命に稲を刈りました。
「カマで刈る時の『サクッ』とした音が気持ちいい〜」「もう一回やりたい〜」など、みんな大喜び。
一人4株カマ刈り、2束2つをばってんに重ね、ひもで縛りました。
稲の中からカマキリのたまごがついていたり、コオロギが出てきたりとたくさんの虫たちが現れ、
『秋』を感じた1日になりました。
(10月30日更新)

   


10月5日(木)、5時間目に奉仕活動の一環で草抜きをしました。
日差しもきつく暑く感じましたが、一時間、集中して活動することができました。
体育館の横や職員室の横、正門前など、範囲がとても広かったですが、
笑顔で楽しそうに取り組む姿が印象的でした。一時間後にはとてもきれいになりました。
教室では「めっちゃきれいになったわぁ!」「きれいになってよかった!!」という感想も聞かれ、
達成感を味わうことができた良い一時間になったかなと思います。
(10月19日更新)




今年の団体演技は「阿武野ソーラン〜響〜」です。
体育館での練習では必死に練習し、大きな声を響かせていました。
初めて外に出て練習した日には、声が反響しないので、
子どもたちは自分たちの声が全然出ていないことに驚きを隠せない様子でしたが、
気持ちを切り替えてさらに練習に熱が入るようになりました。
本番までにさらに細かい部分を修正して、素晴らしい演技を子どもたちが創りあげてくれると思います。
ご期待ください。
(9月29日更新)


8月28日(月)、学年集会を行いました。
ルールの確認、これからの行事、5年生としての心構えなどの話をしました。
みんな真剣に、自分のこととしてうなずきながら考えながら聞いていました。
今週から運動会の練習も始まりました。
今年は卒業式にも在校生代表として出席します。
責任と自覚をもって低学年の見本になれるように毎日頑張っていきたいと思います。
(9月19日更新)

 

 

 


7/18老人ホームのおじいさん、おばあさんが元気に過ごしてもらえるよう、お手紙を書きました。
みんな丁寧で工夫をこらしたお手紙です。
おじいさんおばあさん、とても喜んでくれると思います。

7/20節目の集会がありました。
緊張しすぎたのか、みんなセリフが早口になってしまいました。
しかし、最後はビシッときめ、笑顔で終わることができました。
2回しか練習の時間が取れない中、よく頑張ってくれました。
集会の後は学年交流のドッヂボール!
真っ青のきれいな空の下、汗びっしょりになって楽しみました☆
(7月25日更新)

 

 
家庭科の学習で「ゆで野菜」の調理実習をしました。
事前に役割を決めるところから班で協力して話し合いを進め、当日を迎えました。
「調理実習楽しみ〜!」「早く作りたい〜!」と、朝から教室に響く子どもたちの声。
はやる気持ちを抑えきれない様子。
調理が始まると、びっくりするほど、子どもたちが積極的に活動し始めました。
班で協力して野菜を切ったり、湯を沸かしたり、洗い物をしたり、一人ひとりが自分の役割を担って、
声を掛け合いながら活動できました。
感想文には、「班で協力して作ったゆで野菜は最高においしかったです。」
「これだけでも作るのが大変だったから、親はえらいと思った。」
「洗い物をする楽しさをみんなに知ってもらいたい!!」
「班でカバーをし合えたからよかった。」ということが書かれていました。
今日の経験を生かして、是非、お家でもチャレンジしてほしいと思います。
(7月13日更新)

 
6月21日(水)に体力テストを行いました。
今年は阿武野高校のスポーツ専門コースの生徒さんにサポートしていただきながら阿武野高校で実施しました。
ドキドキワクワクしながらいざ体育館へ!子どもたちも真剣な表情に変わり一生懸命頑張りました。
シャトルランを走りきった子どもたちに高校生が優しく声をかけてくれたり、
ハイタッチをしたりする姿も見られました。
体力テストを全力で取り組めたこと、
そして、高校生の立派な姿勢に触れたことが子どもたちの大きな成長へとつながることを期待しています!
(6月26日更新)




6月2日(金)田起こしをした後の田んぼに水を入れ、代掻きをしました。
田んぼの端から裸足でそ〜っと入り、土を踏み歩き回って土をかきまぜました。
「きもち〜!!」の声、
「コーヒーみたいな水の色〜」「ミミズが浮いてきた〜!!」などなど子どもたちの歓声が響き渡りました。
しっかりとかきまぜ、空気をたっぷり含ませた栄養満点の土になったことと思います。
次の週はいよいよ田植えです!緑いっぱいの田んぼを早く見てみたいです。
(6月16日更新)








5月18・19日に林間学校に行ってきました。
人と自然の博物館へ行き、その後、一里松キャンプ場へ向かいました。
カレー作りでは、班の中で役割を決め、一人ひとりが責任をもって活動することができました。
協力して楽しそうに活動する姿がとても印象的でした。
デイキャンプの練習の成果が出て、最高においしいカレーができあがりました!!
子どもたちは
「めっちゃおいしい!!」「家で作るカレーの何倍もうまい!!」
と言いながら完食していました。
キャンプファイヤーや肝試し、ニジマスつかみと2日間で盛り沢山のプログラムでしたが、
一生の思い出に残る林間学校となりました!
(6月6日更新)




4月28日に学習田の土を入れ替え、周りの雑草を抜き、田んぼの環境を整えました。
5月1日にはもみを塩水につけて良し悪しを判断する塩水選という作業を行いました。
子どもたちはボランティアさんの話を真剣に聞き、たくさん質問をしながらお米作りについて学びました。
いよいよ本格的なお米作りが始まります。お米の成長とともに子どもたちもすくすく育っていってほしいと思います。
(5月17日更新)


とてもいいお天気の下、5年生による田んぼの土の入れ替えを行いました。
まずは、立派に根付いてしまった雑草を抜きます。
スコップ隊と雑草抜き隊、土出し隊に分かれ、作業をしました。
ボランティアさんからご厚意でいただいた、栄養満点の土を田んぼに入れ、
いよいよ今年度の田んぼ活動のスタートです。
田んぼに足をとられながらもみんな一生懸命に頑張りました!
(5月8日更新)

   


始業式の後、ランチルームで学年開きを行い、
「担任の自己紹介」「学年目標」、「年間行事」「実行委員」「意識してほしこと」について話をしました。
児童はとても真剣に話を聞いていました。学年目標は

に決まりました。
相手のことを考えた、心に響く態度や声かけを、日々、心がけて学校生活をおくってほしいと思います。
年間行事で特に興味を持っていたのは林間のことでした。
教室でもいろいろな質問がでました。小学校生活で初めての宿泊行事なので、みんなワクワクしているようでした。

始業式には緊張していた児童も、2、3日たつとだいぶクラスにも慣れ、教室に元気な笑い声が響いています。
5年生は行事が続き、とても忙しいですが、高学年としての自覚をもって取り組んでほしいと思います。
(4月21日更新)



TOPへ