平成26(2014年度)学年の様子 4年

春の遠足   運動会練習風景 秋の遠足 


  一年間お世話になった自分の机やいす、教室などをピカピカにそうじしました。
4月に出会った子どもたちより心も体も大きくなり、お兄さん・お姉さんになりました。
5年生での一年間も楽しみです。
(3月27日更新)
  図工でコリントゲームを作っています。
自分で好きな絵を描き、金づちで釘を打っています。
授業中 トントン トントン と楽しそうな音が響き、
子どもたちも自分の作品が出来上がっていくことが嬉しいようです。
高い点数に入りにくくするにはどうしたらいいのかと悩みつつ、熱中して作品を作っています。
(3月27日更新)






理科で、「物のあたたまりかた」の授業をおこないました。
「示温インク」という温度によって色が変化する特殊なインクを使い、様子を観察しました。
温かい水が上に上がっていき、上から順番に温まるという事実を、
子どもたちはとても不思議そうに見ていました。実験から子どもたちが自分で考え、
なぜそうなったのか考えることができたと思います。
(3月9日更新)
  2月24日(火)に障がい理解教育の一つとして、アイマスク体験を行いました。
目かくしをし、ペアの児童が安全に目的の場所まで連れていくという学習内容です。
視覚障がいを持つ方のお話を聞き、実際に自分も見えない状況を疑似体験することで、
これから町に出て、困っている人を見かけた時に、
自分から動ける人になれたらと思っています。
(3月3日更新)
 
二分の一成人式大成功!!
練習から大きな声と、元気な歌で盛り上がっていました。
当日、子どもたちはふだん恥ずかしくて伝えられない「ありがとう」の気持ちを
しっかりと伝えることができたと思います。
お忙しい中、来ていただきありがとうございます
(2月24日更新)
  二分の一成人式の練習をしています。
子どもたちの気持ちが一日一日と盛り上がっています。
本番まであと少し。自分の力を精一杯出し切ってほしいと思っています。
(2月13日更新)
  障がい理解教育として、視覚障害者の西村さんに学校に来ていただき、お話を
聞きました。
目が見えなくて苦労したお話や、こんな事を助けてほしいなど、普段聞くことが
できない貴重なお話が聞け、子どもたちも真剣な様子でした。また、目かくしをし、
何円玉か当てるゲームでは、自分の手の感覚を頼りに、5円玉と50円玉を見分ける
など、疑似体験を交えながら学習することができました。
(2月10日更新)
  理科では「冬の生き物を見つけよう」という単元で学校の裏庭へ冬眠している
生き物や、桜のつぼみなどを探しにいきました。
子どもたちは寒い中、真剣に探し、ダンゴムシやカマキリの卵などを見つけ、
しっかりと観察していました。
(2月6日更新)
  子どもまつりの日がせまってきました。
23日(金)に子どもまつりを一緒にまわる2年生と交流を行いました。
自分たちの方がお兄ちゃん、お姉ちゃんということで、とてもやさしく
関われていました。
当日が楽しみです。
(1月26日更新)
  1月28日(水)に子どもまつりがあります。
1組はバンクボウリング、2組はミサンガ&ぶんぶんごま作り、
3組は障害物走、4組はパラシュート作りをします。
それぞれ自分たちのお店が成功するようにがんばります。
(1月20日更新)
  冬休みの宿題「自分ヒストリー」について、学年で授業を行いました。
先生たちにも子どものころがあったんだよ、ということで、小さいころの
写真をみんなで見ました。
おうちの方に本当に大切に育てられていることを自分ヒストリーで実感して
もらいたいです。
(12月25日更新)
  社会では11月より、都道府県をおぼえています。
習っていない漢字もあり、苦労していますが、
いっしょうけんめいがんばっています。
(12月12日更新)


今日から図工展が始まりました。
子どもたちは一ヶ月ほど前から図案を考え、
細かい作業に取り組んできました。
個性あふれる作品をお楽しみください。
(12月5日更新)
  CAPみしま・大阪のみなさんと自分で自分の心と体を守るための
問題解決力を育てるプログラムを体験しました。
(11月28日更新)


もどる