5年

学年の様子



早いもので1年が過ぎました。
中学年から高学年になり、勉強も行事も忙しく、毎日を一生懸命に過ごしてきました。
そのクラスとも3月24日でお別れです。
別れを惜しんでどのクラスも修了式前日にお楽しみ会をしました。
笑顔いっぱいで楽しむ5年生。
来年は、6年生です。
最高学年で、サイコーの思い出を!さあ、行こー!!
(3月27日更新)
3月3日(金)に6年生を送る会がありました。
5年生は来年度から、6年生にかわり、最高学年として阿武野小学校を引っ張っていく存在になります。
6年生の入場退場の際の合奏も心をひとつに力強く演奏しました。
練習のときよりもうまくいったかなと安堵した声もちらほら。
しかし、6年生からのお返しの合奏を聞いて子どもたちはびっくり!
その息の合った合奏のすばらしさに「あんな風になりたい」「すごかった!」という感想がたくさん出てきました。
さあ卒業式ももうすぐです。
6年生の卒業をお祝いし、その6年生のすばらしさを引き継いでいけるようにこれからも頑張っていきたいと思います。
(3月14日更新)


2月21日に子どもまつりを行いました。
1ヶ月延期になり、3年生とのペア交流しかできなかったのですが、
子どもたちは楽しそうに、また、責任をもって3年生と一緒にお店を周ったり、お店番をしたりしていました。
2月24日には、国語の「すいせんしよう」という単元のまとめとして、3年生にクラブを紹介しに行きました。
声の大きさや速さ、目線や表情にも気をつけながらスピーチをしました。
3年生も静かに聞いてくれて、たくさん質問もしてくれました。
終わった後には3年生からお手紙ももらい、子どもたちも学習してきたことに自信をもてました。
(3月1日更新)




学習発表会に向けて米作りについての調べ学習をしています。
興味のある項目ごとにグループを作り、インターネットや図書で詳しく調べています。
模造紙にまとめる際も、写真や絵、図などを使い、どうすれば見やすくなるか話し合いながら工夫をしています。
発表の練習では別のグループのを聞きあったり、言い方や声の大きさなどについて互いにアドバイスしあったり、
本番を意識して取り組んでいます。
学習発表会ももう間近!今まで頑張ってきたことを最高の形で保護者の方々に届けよう!
(2月14日更新)
 
 


1月30日(月)に、5年生は社会見学で造幣局に行きました。
行き帰りのJRの中では、他のお客さんの迷惑にならないように静かにしたり、
出入り口の前は通りやすいようにしたりしていて、さすが5年生だなと感じる場面がありました。
他のお客さんに乗車中の雰囲気について褒めていただき、みんな嬉しそうに、にっこりしていました。
造幣局では、お金の造り方や歴史について学びました。
オリンピック記念硬貨や昔使われていた小判など、色々な硬貨が展示してあり、
子どもたちは目を輝かせながら見学していました。
天候が心配でしたが、昼食時には快晴の空の下でお弁当を食べることができました。
学校に帰ってからは、学んだことをしっかりとまとめ、振り返りました。
ふり返りを読むと、子どもたちは見学から多くのことを学ぶことができたようでした。
(2月1日更新)
  1月10日(火)1時間目、節目の集会の後に学年集会を行いました。
「4月からは最高学年になる」ということを意識して、残りの3ヶ月を過ごそうという話をしました。
夏休み明けは「創る」をテーマに様々なことに取り組んできましたが、
冬休み明けからは「拡める」をテーマに掲げて取り組みをしていきたいと思います。
今まで学習してきたことを活かして拡めたり、お互いに認め合って、
人との輪を拡めたりしていこうという意味が込められています。
これから、たくさんの行事がありますが最高学年として引っ張っていけるように
少しでも成長していきたいと思います。
(1月23日更新)

 
12月13日〜15日に、各クラスで収穫祭を行いました。
春先から自分たちで育ててきたお米をおにぎりにしてお味噌汁と一緒に食べました。
保護者の方や地域ボランティアさんの協力もあり、子どもたちも楽しく一生懸命取り組みました。
感想を聞くと「おいしい」「楽しい」というものだけでなく、「うれしい」「感謝」という言葉が出てきました。
子どもたちは自分たちの頑張りを認め合い、自然の恵みや支えてくれた人へ感謝する心も大きく育てたようです。
(12月22日更新)
  後期より、算数の授業の最初に100マス計算を行っています。
時間を計って、はやく正確に解く練習をしています。
始めは「めんどくさそう」と思っていた子どもたちも、
2か月たった今では「今日は何算?」「はやくやろう」などとやる気満々!
いざスタートの合図があると目の色が変わります。
真剣に問題に向き合う姿はさすが5年生!集中して計算しています。
1月には学力テストもあります。みんなで計算力をアップさせて頑張ります!
(12月13日更新)
図工で「版画」を制作しています。
子どもたちは下絵を書くところから完成図をイメージして様々な工夫をしていました。
その工夫をいかに彫刻刀で表現できるか子どもたちは一生懸命考えながら取り組んでいます。
授業中に「〇〇すごい」「上手やな〜」「この部分がいいな」という声もたくさん聞こえてきます。
友達の作品のよさを見つけ、それを伝え合う姿に感心しました。
出来上がった作品は12月の図工展で展示します。
一人ひとりの個性とよさを皆様にもご覧いただきたいと思います。
(11月28日)
 5年生は今週、それぞれの学級で稲の脱穀を行いました。
稲刈りをしてから2週間ほど乾燥させてから、脱穀を行いました。
初めての体験に子どもたちはわくわくしながら、挑戦しました。
「去年よりたくさんとれたかなあ。」
「わあ、ここにいっぱい落ちてる!もったいないから拾おう。」と、話をしながら取り組みました。
子どもたちの中には自然に協力し合っている班、役割分担をしている班などが見られて、
さすが5年生だなあと感心しました。
脱穀したお米は、わらなどを取り除いて、精米してもらいます。
子どもたちは自分たちで作ったお米を食べることを、とても楽しみにしています。
(11月16日更新)
10月18日(火)の2時間目に、ボランティア阿武野の方に来ていただき稲刈りを行いました。
ぐんぐん伸びた稲は風に揺れてキラキラと輝いていました。
子どもたちは「稲のどのあたりを切ったらいいですか?」と質問したり、
「意外と切りやすいね。」などと言ったりしながら、貴重な体験を楽しんでいました。
刈り取った稲はひもで縛って、2週間ほど乾燥させます。乾燥させた後は、脱穀という作業をします。
刈り取っている稲を見ながら、「たくさんとれたから、食べるのも楽しみだなあ。」と、話をしていました。
たくさん収穫できたという喜びを感じて、子どもたちは笑顔いっぱいでした。
(11月1日更新)

   


10月7日(金)に、遠足で伊丹スカイパークと、伊丹市立子ども文化科学館に行きました。
駅からは少し距離がありましたが、見慣れない景色に子どもたちもワクワクした様子。
伊丹スカイパークに着くと、
普段ではなかなか見ることができない大きさの飛行機に大興奮の様子でした。
飛行機の時刻表を見ながら
「あれは沖縄行きの飛行機かなあ。」「いってらっしゃーい。」などと子どもたち同士で話をしました。
みんなでお弁当を食べた後は、伊丹市立子ども文化科学館へ向かいました。
重力の仕組みやロケットの仕組みについて学んだ後は、お待ちかねのプラネタリウムです。
500万個もの輝く星たちは、子どもたちも「わあ、きれい。」「おお!すごい!」と、
思わず声が出てしまうほどでした。
50分間のプラネタリウムはあっという間に終わりました。
今回の遠足では公共機関を使いましたが、
決まりを守って行動することができたので、素晴らしかったです。
(10月18日更新)






5年生は五人六脚、リレー、ソーラン節に出ました。
五人六脚では、声を掛け合いながら、心を1つにしてゴールを目指しました。
途中でとまることもありましたが、無事にどのチームもゴールすることができました。
リレーでは、一生懸命走る姿、チームの友達にバトンを繋ぐ姿、
そして友達を必死に応援する姿を見ることができました。
午前の部の最後には、子どもたちが休み時間も使って練習していた、ソーラン節を踊りました。
90人が息をそろえて1つの演技をしている姿をたくさんの保護者の皆様に見てもらうことができました。
たくさんの子が全力で声を出したり、腰を落としたりしながら踊っていました。
踊った後、子どもたちから「頑張った〜。」とたくさんの声が聞こえてくれました。
とても達成感があったようです。
最後に大きな拍手をもらえて、子どもたちも喜んでいました。
(10月7日更新)
運動会の練習が本格的に始まりました。
5年生のみんなは、一生懸命声を出しながらソーラン節の練習をしています。
さすが5年生!振付の飲み込みがとっても早いです。
休み時間になると
「先生、練習したいからソーラン節の音楽かけてもいいですか?」と意気込んでいる子もいて、
こちらにも気合が伝わります。
当日までの間、もう少し練習がありますので「やりきって良かった!」と思えるよう、
一致団結して頑張っていきたいと思います。
(9月23日更新)


夏休みが終わって、一回り大きく、たくましく成長した5年生が学校にかえってきました。
まだまだ本調子を取り戻すまでには時間がかかりそうですが、
ぼちぼちと調子を上げていきたいと思います。
休み明け初日には学年集会を行いました。
夏休み後からのテーマは、「創る」です!
自分達で考え、自分達で創造し、自分達で実行できるようにしていきます。
子どもたちが主体となって活発に活躍できる期間になるよう取り組んでいきます!
(9月6日更新)
家庭科の勉強「はじめてみよう、ソーイング」では、小物づくりをしています。
ネームプレート・小物入れ・ポケットティッシュケースの中から、
自分の好きなものを選んで、フェルトを縫っています。
子どもたちは「ここは丈夫に縫ったほうがいいから、
本返し縫いかなあ。」「どこに名前を縫おうかな。」などと、友達と相談しながら作成しています。
はじめは「玉止めするの、難しいなあ。」と言っていた子たちも、メキメキ上達しています。
子どもたちは丁寧に作品を作り、完成した時には、とても満足げな表情で見せに来てくれました。
(7月21日更新)

 


21日(火)から水泳の授業が始まっています。
子どもたちは先生の話をしっかりと聞きながら、取り組んでいます。
水慣れの水中じゃんけんでは、楽しみながら水に親しんでいました。
一方で、自分の泳力に合ったコースを自身で選びながら、
コース別に分かれて、積極的に泳いでいる真剣な姿も見られます。
「楽しかった。」「いっぱい泳げてよかった。」などという声も聞かれ、
水泳の時間を楽しみにしている子も多いようです。
これから、5年生の目標が達成できるようにどんどん練習していきたいです。
(7月5日更新)
6月10日(金)に、ボランティアあぶのの方をお招きして、「田植え」を行いました。
子どもたちはボランティアの方からのお話を聞いて、どのような間隔で植えるか、
どのくらいの深さまで植えるかを教えてもらいながら取り組みました。
田んぼに入ると「わあ、気持ちいい!」「え、これくらい植えるの?」などと言いながら、苗を植えました。
慣れてくると徐々にスピードアップです。
最後には田んぼいっぱいに植えることができました。
これから、美味しいお米ができるようにしっかりお世話をしていきたいです。
(6月21日更新)
  6月3日(金)に家庭科の調理実習でゆで野菜サラダを作りました。
野菜や玉子をゆでたり、フレンチソースを作ったりしました。
子どもたちは本格的な調理実習にドキドキわくわく。
「もう茹でられたかなあ。」「次、ブロッコリー切るから、人参茹でるのお願い〜。」
などと、声をかけながら班で協力しながら作りました。
初めて自分たちだけでサラダを作って、子どもたちは達成感でいっぱいでした。
いろんなことに挑戦して、どんどんできることが増えてきています。
(6月8日更新)
 
  

  

  
5月19日(木)・20日(金)と林間学校へ行っていきました。
お天気も良く、絶好の林間日和でした。
一里松キャンプ場では、まず初めにカレー作りを行いました。
デイキャンプで練習をしたことを見事に生かして
グループの中で作業を分担しながら自主的に活動できていました。
もちろん、出来上がったカレーライスの味は最高でした!
キャンプファイヤーや肝試し、ニジマスつかみと2日間で盛り沢山のプログラムでしたが、
一生の思い出に残る林間学校となりました!
(5月31日更新)
  林間に向け、実行委員を中心として取り組みを進めています。
林間の日に近づくにつれ、子どもたちのワクワク、ドキドキが大きくなってきているように感じます。
”One for all,All for one” を合言葉に、楽しい思い出となるよう取り組んでいきます。
(5月19日更新)
5年生では、全国体力・運動能力調査があります。
全8種目
(握力・上体起こし・長座体前屈・反復横とび・20mシャトルラン・50m走・立ち幅とび・ソフトボール投げ)
を測定します。
4月21日(木)の合同体育の時間に20mシャトルランを行いました。
どの子も一生懸命に取り組んでいました。
さらに、最後まで頑張っている友達に周りから「頑張れ!」と大声援が沸き起こりました。
友達の頑張りを応援する姿勢。とても素晴らしいですね。
(4月25日更新)



もどる