地域と連携した特色ある学校づくり推進事業


「地域と連携した特色ある学校づくり推進事業」を活用した二中校区の取組


第二中学校区小中一貫教育の取組

二中校区は、平成26年度から連携型小中一貫教育を実施する校区として承認されました。0歳から15歳までの子育てを保護者・地域・学校が協働して取組んでいます。

○学校支援地域本部からのボランティア派遣により、再チャレンジ教室を開催し、家庭学習の習慣化を図っています。

○学習規律の確立のため、「学びの十か条」を作成し、各クラスに掲示するとともに、すべての学校で共通して指導し、保護者にも啓発しています。

○「家庭学習の手引き」を作成し、全家庭に配付、保護者との協力を図ります。

○4,5年生について標準学力調査を実施し、学習効果を測定します。

○保育所・幼稚園から小学校、中学校へと学びの連続性を保つために、講師を招聘し、校区全体で研修します。

○学びあう集団に高まるためのスキルとマインドの両面の育成を図るため、QUテストやアンケートを実施します。

○泳力向上のため、地域のスイミングスクールと連携し、教員の指導方法向上を図ります。

○二中校区で共通したホームページを作成し、広く地域・保護者への理解を図ります。


各学校の取組

第二中学校

「確かな学力向上プロジェクト」

・ICTを活用するなど授業の更なる工夫改善を推進し、確かな学力の向上をめざします。

・地域と連携した放課後学習室(再チャレンジ教室)を通じて、自学自習力の向上をめざします。

芥川小学校

「地域とともに夢を育む学校づくり」

・地域の人材を生かしたキャリア教育

・地域の自然「芥川」を活用した環境教育

川西小学校

「体力向上に取り組みます!」

1年生から6年生まで新体力テストに取り組み、その結果を元に、本校の体力実態を把握・分析し、課題解決に向けて取り組んでいきます。保護者・地域の願いである健やかな心(学びあいによる学ぶ意欲の向上と仲間作り)と体(体力向上)の育成を目指します。

郡家小学校

「『もっと アットホームな郡家小に!』プロジェクト 」

・「授業力の向上・集団づくり」

・「環境整備」(エントランス・チャイム・芝生)

・「クラブ活動の充実」

などを通じて、さらに居心地の良い「アットホーム」な学校を築いていきます。地域・保護者との協働を軸にした取組みを継続・新設することで、「アットホーム」な校風に磨きをかけてまいります。

真上小学校

「学んで、ひととつながろう プロジェクト」

・インターネット配信による国語・算数のプリント活用

・再チャレンジ事業(放課後学習)でのプリント活用

 


 
  校区連携 イメージキャラクター

 
                                               





  
校区連携 イメージキャラクター