「指導方法改善」推進部


ねらい

・子どもたちが進学したときの戸惑いを軽減するために、中学校区で授業スタイルの統一をめざします。
・充実した研究授業・研究協議のために、統一した指導案やチェックシートを使用します。
・授業づくりで大切にすることを明確にし、共通認識を形成します。

取組
作成物

二中校区として授業づくりで大切にしていることを意識し、授業展開します。
指導案(略式)のひな型
・本時の展開では「個」→「集団」→「個」の流れを統一し、学びの充実を図ります。
以下の8つの視点で授業づくりをめざします。

@学習活動のルールが、定着している。

A学習のめあてが、わかりやすく提示されて
 いる。
B課題を達成できない子ども、すでに課題を
 達成している子ども、それぞれに対して、 適切な支援がある。

C授業の中に、一人で考えたり、ペア学習や グループ学習を取り入れたりしている。
D
教え合いや励ましなど温かい雰囲気が築か
 れている。

E子どもが、自分の考えを伝え合う場を設定
 している。

F子どもの活動や発見・気づきを大切にし、
 肯定的に評価する姿勢がある。

G本時のねらいに沿った、振り返りの場を設
 定している。

授業改善チェックシート




 
 校区連携 イメージキャラクター

 
                                               





  
校区連携 イメージキャラクター