本文へスキップ
 home > 取り組み > 連携型小中一貫教育


連携型小中一貫教育

高槻市では平成28年度より、全小中学校において連携型小中一貫教育に取り組んでいます。芥川小学校区は第二中学校区と川西中学校区の2つの中学校区に跨っています。
第二中学校区は、第二中学校・芥川小学校・川西小学校・郡家小学校・真上小学校・芥川幼稚園・郡家幼稚園・芥川保育所の8つの高槻市立学校園所が連携し、「連携型小中一貫教育」の研究・実践に取り組んでいます。また、川西中学校区では、川西小学校・津之江小学校・川西中学校・芥川小学校の3小1中において、各校の学校教育目標に沿いながら、共有した「めざす子ども像」実現に向け、取り組みを進めています。
このうち第二中学校区では、「社会のルールを守り、人とつながり、夢をもって、自分の道を拓く子」をめざす子ども像として定め、教職員や子どもたちの交流、小中学校で共通した目標・約束事などの作成を行っています。また、他にもコラボ授業(小中学校の教員が協働して行う授業)などの取り組みを実施しており、校区内で共通した価値観をもつことで、別々の小学校の児童が中学校に進学した際の、学校生活のルールや授業スタイルの違いに対する戸惑いの解消につながっています。
第二中学校区の小中一貫教育の取り組みについては二中校区連携ホームページにて、川西中学校区の取り組みについては下記リンクよりご確認ください。
 

二中校区連携イメージキャラクター

あくたちゃん(左)  あくあちゃん(右)
 
二中校区連携ホームページ

川西中学校区小中連携  
        
















  芥川小学校の学校ブログ