本文へスキップ
 home > 取り組み > いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針

いじめは、いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせる恐れがあります。
本校では、いじめをなくすために、日頃から深い児童理解に立ち、生徒指導の充実を図り、児童が楽しく学びつつ、いきいきとした学校生活を送れるように努めます。また、いじめについては、「どの子どもにも、どの学級においても起こり得る」ものであることを十分認識し、早期発見・早期対応を行います。さらに、いじめの兆候に気付いた場合は、児童一人ひとりに応じた指導・支援を組織的におこなうために、学級・学校だけで抱え込むのではなく、関係機関との連携を図りつつ下記の基本的認識を持ちながら、いじめ防止等のための対策を行っていきます。
  •  平成29年度版   (PDFファイル)








































  芥川小学校の学校ブログ