異年齢児の生活



郡家幼稚園では、平成18年度より、4歳児5歳児が同じクラスで生活する異年齢児学級保育を行っています。



異年齢児学級保育とは

4歳児5歳児の異年齢の幼児が同じ学級の中で生活することを通して心身共に健康で豊かな心を持った幼児の育成をめざしています。

異年齢児学級保育も今年で11年目を迎えます。親子共、見通しをもった生活の中で、異年齢のつながりが深まってきています。4歳児は5歳児にあこがれ、「おにいちゃん、おねえちゃん大好き!」の気持ちが芽生えています。
 
今年度は教育目標を「気づき、あこがれ、思いやり」とし、この異年齢のかかわりが小学校や地域の方々とより一層深まり、充実したものとなるように子どもたちの豊かな心の育ちを培っていきたいと考えています。



いっしょに育つ子どもたち
−バディーを通して−

  なふだ はずして あげるね!    
       
  ぼたん とめるの てつだうよ!       
       
身の回りの始末など、4歳児が困っていると5歳児が自然と手伝う姿が見られます    
     
     
  みんなで どうろこうじを しよう!     
       
 5歳児がリードしながら遊びを進めています。
4歳児にとって5歳児はあこがれの存在です。
  
   
       
       
   ころばないように むすんであげるね!    
       
5才児のてんぐげたを4才児にかしてあげ
ひもを結んでくれています。