学校伝染病について      

学校伝染病」とは学校において予防すべき伝染病として
 学校保健法に定められた伝染病のことをいいます。かかっ
 たら届出をし、医師の許可があるまで家庭で安静にしてく
 ださい。下記は原則的な停止期間であり症状により異なり
 ます。治癒後の登校については必ず医師の診断を受け、

 「登校許可証」を提出の上、登校
させてください。

疾  病 出席停止期間
インフルエンザ 解熱した後2日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺の腫脹が消退するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで
風疹(三日ばしか) 発疹が消失するまで
急性灰白髄炎 急性期の主要症状が消退するまで
ウイルス性肝炎 主要症状が消退するまで
咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
流行性角結膜炎 急性期の主要症状が消退するまで
プール不可
急性出血性結膜炎 急性期の主要症状が消退するまで
プール不可
手足口病 感染予防のための出席停止は不要
溶連菌感染症 主要症状が消退するまで
伝染性紅斑(リンゴ病) 感染予防のための出席停止は不要
ヘルパンギーナ 主要症状が消退するまで
異型肺炎 発疹の消失や強い咳が消失するまで
伝染性膿痂疹(とびひ) 数個程度の場合は出席可、それ以上は不可
伝染性発疹症 軽症の場合は原則として出席停止の必要は
ない。発疹などが著名な場合は主要症状が
軽快するまで2〜3日間。

*伝染性角結膜炎以下の疾患での出席停止期間は、主治医の判断に従ってください。