日吉台小学校
*PTA規約*


クラブ規定
この規定は本規約第三十一条に基づいて定める。
1. クラブは、本規約第三条3項を目的に設置され、活動内容によって当該専門委員会に所属する。
2. クラブの運営は、所属専門委員会の責任のもとで実施され、通常の活動については、各クラブの代表者を中心に自主的に行うものとする。
3. クラブの部員は、本校PTA会員であることを原則とする。
4. 新設クラブの承認を受けるには、代表者が「クラブ部員名簿」「クラブ活動内容」を明らかにして常任委員会に申請する。常任委員会は、申請内容を審議のうえ年度末の総会にクラブ設置の承認を求め、可決されることによって翌年度よりクラブとして発足する。
5. 次の各項に該当する場合は、常任委員会は、審議のうえ年度末の総会にクラブ廃止の承認を求め、可決されることによって廃部となる。
(1) 部員数の著しい減少等の理由により、活動の継続が不可能となり、代表者より廃部の申請があったとき。
(2) 部員数、活動内容において、常任委員会がPTAクラブとして存続を認め難いと判断したとき。
6. 廃部となったクラブが所有する備品等の処分については、クラブ代表者と常任委員会が話し合いのうえ決定する。
7. クラブには活動費が支給されるが、金額についてはPTA会計予算の中の一項目として年度毎に常任委員会で審議し総会で決定される。活動費決定にあたっては、事前に各クラブ代表者と常任委員会の間で、予算折衝の会議を開き参考とする。
8. 各クラブは会計担当者を設け、部員会費も含めた年度会計の報告書を、常任委員会に対し提出しなければならない。
9. 学校施設の使用については、使用場所・日時区分により学校長もしくは開放委員長の許可を得なければならない。
10. 活動中に人的事故及び施設・器財等に破損が生じたときは、速やかに所属専門委員長に報告しなければならない。施設・器財等の修復に係わる費用弁済については、当該クラブ自らがその責を負うこととするが、事故発生の状況等を考慮のうえ、最終的に常任委員会において決定する。
弔慰規定
この規定は本規約第三十二条に基づいて定める。
一. 会員死亡の場合
☆しきみ一対と香料五千円
☆会葬 会長・当該学級委員・当該地区委員・当該地区会員有志・校長・担任
二.  児童死亡の場合
☆しきみ一対と香料五千円
☆会葬 会長・当該学級委員・当該地区委員・当該地区会員有志・公務に支障ある場合を除き全教員・当該学級児童全員・当該地区児童有志
三. 教職員(学校医・歯科医・薬剤師を含む)死亡の場合
児童死亡の場合に準ずる。
四.  会員が災害にあった場合
その状況に応じて見舞いをする。
五.  同居家族(二親等まで)死亡の場合
☆香料 三千円
☆会葬 当該地区委員・当該地区会員有志
六. その他
特に必要のある場合はその都度役員会または常任委員会にはかる。





4

ブラウザを閉じて戻ってください