一中校区地域教育協議会[つばさネットワーク] 設立の趣旨

 今日、日本の社会は、ひきこもりや不登校、青少年の規範意識の低下や社会性の未成熟、児童虐待などさまざまな教育問題に直面しています。 また、地域の中での人々のつながりは弱まり、困難を抱えつつ孤立する家庭の問題も顕在化してきています。 家庭や地域での教育文化の伝承が途絶え、家庭教育が弱体化しているということも指摘されています。
 本校区の学校・園でも大なり小なり同様の問題を抱えており、これらの問題を解決するためには子ども個人や個々の家庭、そして学校・園が自らの問題として取り組む事が重要であることは言うまでもありませんが、それだけで解決できる問題でもありません。 これらを社会の問題として取り上げ、解決していくための制度的な仕組みや社会システムをつくりあげていく必要があります。
 今回設立された地域教育協議会はまさにこのような必要性から生まれたのであります。
 本校区の学校・園ではこれまでも、学校・園相互の連携と共に、地域に開かれた学校・園づくりをすすめてまいりましたが、本校区地域教育協議会の設立により、さらに広範なネットワークづくりが促進されるものと期待をいたしております。
 そして、強力なネットワークのもとで学校・園の教師、保護者だけでなく地域のあらゆる立場の方々の英知をお借りして地域の子どもを育ててまいりたいと考えております。 どうぞ趣旨をご理解の上ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。