5月24日(水)〜25日(木)


 林間学校だより〜陶芸

楽しみにしていた林間学校。雨がばらつき、天気がとっても心配でしたが、元気に出発!
10
時55分に、やまのに到着。予定よりも55分遅くなってしましいましたが、ゆっくり陶芸に挑戦!
初めに「やまの」の方が、お茶碗やお皿を作るところを見せてくださいましたが、あまりのスピードの速さと美しさに、子ども達から自然に
歓声と拍手が起きました。
いよいよ自分達が作る番。何を作ろうかと迷いながらも、みんな真剣に取り組んでいました。
「お茶碗を作るつもりがお皿になってしまった」という人もいましたが、世界で一つだけの素敵な作品が出来あがりました。

     
     
     
     
     
     
     
  

林間学校だより〜お弁当タイム

やまやの前の芝生広場で、お弁当タイムです。自然豊かな広々としたところで、美味しくいただきました。
雨? まだ全然降っていません!!

     
     
  

林間学校だより〜入村式
予定よりも少し遅く到着しましたが、2時15分から入村式。元気にあいさつして、いよいよ林間学校の始まりです。

     
     
  

林間学校だより〜カレー作り
 入村式を終えると、男女それぞれの大部屋に荷物を置いて、待ちに待ったカレー作りです。
 カレー作りや飯ごう炊飯の仕方の説明を聞いているうちに、ポツポツと雨が降ってきました。降水確率90パーセント! ついに降り出して来たか〜(涙)
 説明が終わると、レインコートを着て、かまど・飯ごう・調理に分かれて、各自作業に取りかかりました。
 かまど係と飯ごう係は、ぶっつけ本番だったので、「火がなかなかつかないよう」「火が消えそうや」「飯ごうから水が噴出してきた」と戸惑いながらも、
一里松のスタッフの人や先生からアドバイスをもらいながら、がんばっていました。
 知らないうちに雨も止んでいました。
 どの班も、お互いに声を掛け合いながら協力して進めることができたので、全ての班が大成功!美味しい美味しい思い出いっぱいのカレーライスが
できあがりました。

     
     
     
     
     
     
     
     
  

林間学校だより〜キャンプファイヤー

 待ちに待ったキャンプファイヤー! みんながお風呂に入っている間に、キャンプファイヤー実行委員の人たちが、みんなが作った空き缶アートを並べ
火を灯したり、リハーサルや準備をしていました。
 しかし、降水確率は、なんと100パーセント! できるかできないか? 雨の場合は、大広間で夜の集いをすることになりますが、やっぱり林間と
いえばキャンプファイヤー!みんなの熱い熱い思いが山の神様に届いたからか、雨がス〜と止みました!!
 みんなで「キャンプだホイ」を元気いっぱいに歌うと、素敵な山の神様が登場し、火をいただき点火しました。いよいよキャンプファイヤーの始まり!
 キャンプファイヤー実行委員さんの司会で、楽しく進行し、ジェスチャーゲームや歌で楽しい時間を過ごすことができました
 一番盛り上がったのは、マイムマイム。みんなで火を囲み、手をつなぎ、楽しく踊りました。最後に、キャンプ場の人がキャンプファイヤーの残り火を
星形にしてくださり、子ども達はうっとり見ていました。そして、ファイヤーロードを通って帰りました。

     
     
     
     
  

林間学校だより〜きもだめし、自由時間、就寝

 林間の楽しみといえば、キャンプファイヤーに続いて、きもだめし!  出発する前から、なぜか「きゃー」という声も聞こえました(笑)
 そして、スタート! 時間をずらして、班ごとに出発。懐中電灯を片手に、みんなで声を掛け合いながら進みました。
 「キャー!」「わ〜」「ぎゃー!」真っ暗な山の中に、歓声や奇声があちこちで響き渡りました。
 でも、「大丈夫矢で」「そこ、橋があるから気をつけなあかんで」と、やさしく友達のことを気づかう声も。全員が無事にゴールに到着しました。
 でもでも、一番怖かったのは、真っ暗な山の中でポツンと一人で待っているお化けだったかも(笑)

 部屋に帰ると、また雨がザーザーと降ってきました。降水確率100パーセントにもかかわらず、みんなが一番楽しみにしていたキャンプファイヤーと
きもだめしが、大いに盛り上がり楽しく無事に終了!
 スムーズに進行できたので、時間があったので、自由タイム。あちこちでトランプやウノをしたり、恋話で盛り上がったり。
 早い子は、9時過ぎからお布団に入り、みんなも10時頃には静かに眠りの世界に入っていっていました。
 今日は雨にもかかわらず、全て順調に進行することができました。明日は、どうかなぁ?

     左の写真は、きもだめしの入り口です。
もちろん、実際に行った時は、真っ暗闇で、
人一人通れるだけの細い起伏のある山道
を歩いていきます。
 歩くだけでも怖いのに、途中であちこちで、
お化けが待ち構えていました(笑)
     
     
  

林間学校だより〜朝のつどい、朝の散策

 朝から雨、、、残念ながら雨、、、朝の集いは、大広間で行いました。
 少し自由時間を過ごした後、雨具の用意をして、散策に出発しました。
 朝もやがかかった静かな田園風景の中を、傘を差しながら、のんびり散策しました。
 すると、だんだん雨が止んできました。楽しみにしているニジマスつかみができるかも?

     
     
     
     
     
林間学校だより〜朝食、片付け・掃除
大広間で朝食を食べた後、部屋の掃除や、飯ごうを洗ったりしました。みんな、黙々と一生懸命にしていたので、感心しました。
でも、また雨が降り出してきました。ニジマスつかみができるかどうか?
     
     
     
     
林間学校だより〜ニジマスつかみ
 みんなが楽しみにしていたニジマスつかみ。雨が小雨になってきたので、実施!
 川は少し冷たかったですが、放流されたニジマスを、みんな夢中で追いかけました。ニジマスが速く泳ぐので、
なかなか捕まえることができず、やっと捕まえたと思っても、スルリと逃げてしまうので、みんな悪戦苦闘し、
必死で追いかけ、捕まえていました。
 気がつくと、雨も止んでいました。
 捕まえたニジマスは、スタッフの人が炭火で塩焼きにしてくださったので、美味しくいただきました。
   
     
     
     
     
     
     
     
林間学校だより〜退村式、解散式
 帰る前に、掃除。朝も隅々まできれいに掃除したのですが、子ども達は熱心に掃除していました。
二日間お世話になったキャンプ場、来たときよりも、更にきれいになりました。
 退村式で寮長さんにお礼を述べ、たくさんの楽しい思い出がいっぱいできたキャンプ場を後にしました。
     
     
     
  
林間学校を振り返って
 降水確率100パーセント! 二日間雨が降ったり止んだり。それでも、ほとんど順調に全て予定通り進行することが
できたのは、奇跡的でした。子ども達の熱い思いが届いたのでしょうね。
 あっという間の二日間でしたが、初めての体験にもどんどん挑戦し、ふだんの生活とはまた違った経験を積んだ子ども達。
グループで協力したり、自分の係りの責任を果たしたりと、いろいろな場面で一人ひとりの活躍がいっぱい見られました。
 キャンプ場のスタッフの方からも「とても素晴らしい5年生ですね」と褒めていただきました。
 林間学校での経験を今後の生活に活かして、絆をさらに深めながら、みんなで進んでほしいです。

 

 


もどる