このあたりには、京都大学の農場があります。またこの京都大学農場の建設時に、
弥生時代の遺跡(安満遺跡)が発見されました。弥生時代から鎌倉時代にかけて、
この周辺には、水田が広がり、集落があったと考えられています。