第3章
組織体制の改善    D




2 地域との連携,家庭との連携のさらなる推進


1)高槻市の施策との連携

「地域と連携した特色ある学校づくり」



今年度から高槻市の新しい施策で「地域と連携した特色ある学校づくり」が始まった。これは保護者,地域の願いを受け,子どもたちに今と未来を切り拓く学力向上,生き抜く力の育成をめざしてきた本校区の取組を大きく後押しする施策であり,この施策を有効に活用することは,保護者,地域の願いであるととらえた。ぜひ校区で共に施策を活用してより地域に信頼される学校・校区づくりを推進しようということになった。この施策は

  A 確かな学力
  B 豊かな心
  C 健やかな体
  D 信頼される学校

の区分で地域と連携した特色ある学校づくりを進めるというものであった。本校区は次のように計画し,市の施策の中でより校区の研究を充実させ,授業改善などを進めている。




地域と連携した特色ある学校づくり推進事業企画書より


校区教育目標

@今の課題に向き合い,未来をよりよく生きる子どもを育む
A授業改善を進め,社会参画力・学習意欲・生きる意欲を育むことで学力向上をめざす   



校区の課題







児童生徒・保護者・地域の意見




これらの声を受け信頼される校区をめざして 

     
 心 ・・・まちの文化を創る
     学力・・・社会参画力を育む
     体 ・・・健康を増進する文化を創る

  



 
前のPAGEへ
次のページへ
  HOMEへ