自動車保険へのご加入のお勧め

 4月の「学校便り」でもお知らせしましたが、ここ数年、自転車の事故が急増しています。
自転車運転中に歩行者にぶつかってけがをさせたり、車や物を破損させて、加害者として損害
賠償請求をされる事例も増えています。1億円近い支払いを命ずる判決がでたこともあります。
中学生(未成年者)の場合、当然ですが保護者の方が賠償責任を負うことになります。

 中学校では、校外でクラブ活動(対外試合や演奏会など)を行うために自転車で移動するこ
とが多くなります。また、遊びに行く際も小学生に比べ行動範囲が広くなります。学校では、
クラブや総合的な学習などで自転車を利用する際は、出発前に必ず、交通ルールを守り、注意
して走行するよう指導しています。ご家庭でも、常日頃から注意するよう声をかけられている
ことと思いますが、十中でも、幸い大きな事故には至らないまでも、毎年何件もの事故が起き
ています。実際に「保障」が必要になったケースもあります。重大な事故が起こる可能性は決
してゼロではありません。

 すでに自転車保険に加入されているご家庭も多いとは存じますが、示談交渉サービスがつい
ていない保険もあります。示談交渉サービスがついていない場合は、保険会社は間に立っては
くれません。当事者同士が交渉を行わなければならず、大変な労力と時間が必要になる場合が
あります。そこで、保険料は多少高くなりますが、万が一の場合に備えて、示談交渉サービス
付きの自転車保険にご加入されることをお勧めします。
 すでにご加入の他の保険に自転車保険がついている場合や、自転車保険に加入されているご
家庭でも、今一度示談交渉サービスがついているかどうか、ご確認をお願いいたします。 


 自転車が加害側となった事故の例(日本損害保険協会調べ)

○ 自転車同士の衝突
  車道を斜めに横断したところ、対向車線を直進してきた男性と衝突。男性は言語機能の  
 喪失等の後遺症が残った。 ⇒ 賠償額 9,266万円

○ 自転車と歩行者の衝突
  下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性と衝突。
 女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。 ⇒ 賠償額 6,779万円

○ 自転車とオートバイの衝突
  赤信号で交差点の横断歩道を走行中、男性が運転するオートバイと衝突。男性は
 頭蓋内損傷で13日後に死亡した。 ⇒ 賠償額 4,043万円