学校沿革史

 本校は、昭和47年4月に高槻市立第一中学校、高槻市立第六中学校の一部を分離して
現在地に新設され、当初は生徒数704名、学級数17、教職員33名で開校しました。
 その後、次第に生徒数が増加し(昭和51年養護学級新設)、昭和54年度には、1,504名、
学級数36、教職員64名の大規模校となり、昭和55年度に南大冠小学校区を分離して
高槻市立冠中学校が発足しました。
 (高槻市立冠中学校は11月4日まで本校に同居しました。)
 平成13年には創立30年を迎えました。

昭和47年  4月 1日 高槻市立第十中学校開校
 6月14日 PTA結成総会
 6月24日 プール完工式
10月20日 バックネット完成
12月19日 体育館完工
昭和48年 11月 1日 泉水、築山完成
昭和49年  2月28日 校舎増築工事完工(南館東7教室)
12月 1日 運動場北側150uを竹の内小との間の道路用に割譲
昭和50年  4月16日 体育館北東花壇及び築山完成
 5月 8日 十中生徒会、緑化功労団体として市長より表彰を受ける
昭和51年  3月20日 第三期南館増築工事完工
 4月 9日 養護学級「おおぞら」新設
昭和52年  4月 9日 新設プレハブ特別教室2室完成
 6月27日 NHK十中技術家庭科教育取材
 9月10日 体育館舞台幕取付
 9月25日 技術室間仕切工事完了
昭和53年  4月 1日 プレハブ普通教室3室、特別教室1室増築
 8月21日 運動場用親子時計設置
昭和54年  4月 1日 プレハブ普通教室1室、特別教室2室増築
グランド東側防球ネット工事
昭和55年  2月 2日 市教委冠中新設決定(十中併設分離)
 4月 1日 冠中併設により冠中使用分としてグランド側にプレハブ10室
 (普通教室6室、管理室3室、生徒更衣室1室)増築、中庭と共に
プレハブ合計19室、校地過密のため南大樋グランドも使用
 5月31日 プール浄化装置、ポンプ室完工
11月 1日 冠中移転完了、プレハブ撤去及び生地工事開始(12月20日まで)
昭和56年  1月23日 正門前築山記念樹等植樹石積(北半分)
10月 7日 創立十周年記念祭第十回体育大会開催
10月 8日〜9日 創立十周年記念祭第十回文化祭開催
昭和57年 11月19日 グランド東側植樹
昭和59年 12月 2日 青少年健全育成連絡協議会(連絡協)講演会
昭和61年  2月21日 防災無線開局
昭和61年 12月 視聴覚室(南館4階)完成
昭和62年  3月 グランド西側防球ネット完工
 5月19日 プール塗装
12月18日〜3月9日 体育館改修工事
平成 元年  3月18日 中庭整備完工
 7月    〜8月 大規模塗装工事
平成 2年  7月25日〜7月29日 大規模塗装工事
 9月15日〜9月27日 高架槽取替工事
平成 3年  2月10日 黒板修理(全面)
 4月 1日 高槻市教育委員会養護教育生活単元学習研究指定委嘱
 5月20日 プール塗装
 6月29日 プールフェンス修理
11月 9日 創立二十年記念式典 講演会
平成 4年  4月 1日 高槻市教育委員会養護教育生活単元学習研究指定委嘱
 8月31日 コンピューター室設置完工
平成 7年  2月〜3月 校地南側フェンス新設工事
平成 8年  4月 1日 文部省スクールカウンセラー活用調査研究指定委嘱
 7月19日〜9月10日 グランド全面改修工事、フェンス改修工事、
グランド東出入口改修工事(国体のため)
平成 9年  3月10日〜3月31日 受水槽・消火槽校舎内配管工事
 4月 1日 文部省スクールカウンセラー活用調査研究指定委嘱
12月22日 〜 南館サッシ窓改修工事
平成10年  1月 7日 南校舎・技術棟の外壁塗装工事
 7月 コンピューター機器40台更新(ノート型)
 7月〜8月 職員室・事務室・印刷室・2階普通教室2室・音楽室床張替工事
平成11年  2月 図書室へコンピューター設置
平成12年 12月 教育相談室設置
平成13年 10月21日 十中創立三十年記念行事 関西フィルハーモニー管弦楽団
平成16年  7月 プール横に更衣室設置
平成17年  3月 PC教室コンピューター機器更新

    

            次のページへ             トップページにもどる