校区

           本校は、高槻市の南端に位置し、高槻市立第一中学校と高槻市立第六中学校との
          複合分離により開設され現在に至っている。校区内には70棟を越える府営住宅と新
          興住宅、準工業地帯が混在しており、府営住宅から在籍者数の約6割あたる生徒が
          通学してきている。

番田一・二丁目     大塚四・五丁目     竹の内町     西・南・北大樋町
堤町     登町     下田部二丁目     辻子三丁目     西冠三丁目


校区の歴史

十中校区の昔
昭和35年頃の写真
水害に負けなかった人々
明治時代の地図
開発の波が押し寄せる

次のページへ           トップページにもどる