新規採用・転任の方々の紹介



 
4名の皆さんにコメントを頂いていますので、紹介させていただきます。

@氏名 A所属 Bあなたのセールスポイント C配属されて約1ヶ月、そこで何かひと言。

   
 

4月1日より「児童手当」が復活しました




6月支給分は2・3月分 「子ども手当」と4・5月分 「児童手当」 です。

6月(10月支給分)から所得制限が導入されます。

※ここでいう所得制限の基準となる年収額は世帯の合計ではなく、「生活中心者(恒久的に

世帯でもっとも多く収入の高い者)の収入額

※基本(夫婦と子ども2人の場合)

     年収額は960万以上制限対象

                                  

    所得制限基準

 給与所得控除後の所得額は

例えば、年収額960万円の場合(基本家庭)

9,600,000×0.9―1,200,000=7,440,000

 扶養親族数3人(子ども2人と配偶者)


  支給額









    法改正に伴う手続き

 手続き不要な方

・平成24年3月31日までに子ども手当について、認定を受けた者

     上記に該当する者で、4月1日現在、児童手当法の認定権を満たしている者は「みなし認定」

が規定されるため、申請手続きは不要

 

手続きが必要な方

・新規採用者、人事交流等で府費負担職員となった方、臨時的任用職員で共済加入となった方

・出生等により、新たに支給要件を具備することとなった場合

※ 手続は、従来どおり、申請様式(様式第2号)に、住民票の写し(原本、世帯全員、続柄記載)

 を添えて申請してください。手当の名称が「子ども手当」になっていますが、当分の間は、そのままご使用下さい。

  なお、事実発生日から15日以内に届け出がないと、支給できない月が生じることになりますので、ご注意下さい。