home地域校区連携>オーバーシード

地域校区連携

オーバーシード

夏芝は、冬場は枯れます。芝生が冬場も緑になるように冬芝の種を秋に蒔きます。

平成24年秋オーバーシード

平成24年も10月7日(日) 寿栄川添大運動会終了ご4時ごろから、オーバーシードをしました。
地域の福祉委員会、自治協議会、さくらスポーツクラブなど地域の方々やPTAから多数の方々に参加していただきました。また茨木土木事務所の方々にも来ていただきました。
芝を短く刈り込み、種まき機で種を蒔き、川砂をかけて、ならす。その後に水をやります。
作業前には、終わるときには暗くなっているのではないかと心配したのですが、非常に多くの方々に参加いただいたので、1時間程度で終わりました。ありがとうございました。
1週間ほどで芽が出てきて、すこしそだつまでは、芽をいためないように、芝生には入れません。、ロープを張っていますので、ごりか、ご協力よろしくお願いします。
冬に青々とした芝生になることが、楽しみです。。

平成23年秋オーバーシード

平成23年も10月23日(日) 午前9時から約2時間、オーバーシードをしました。
大阪府北部農と緑の総合事務所緑地整備課の方から、説明と指導を受けて、芝刈り→掃除→種まき→上土かぶせ→水撒きをしました。
地域の福祉委員会、自治協議会、さくらスポーツクラブなど地域の方々やPTAから多数の方々に参加していただきました。1週間ほどで芽が出てきて、冬から春にかけて青々とした芝生となってくれることでしょう。

平成22年秋オーバーシード

幅広の機械で種をまいています 平成22年10月23日(土)地域の方々と冬芝の種を蒔きました。(オーバーシード)
種まき機を使って蒔いたり、土をかぶせてならしたり、とみんなで作業をしました。かぶせる土が湿っていて、手で撒いたので、少し大変でしたが、しっかり芽を出して、冬から春にかけて、緑のじゅうたんなることを願ってます。
みんなで作業中 土を撒いてならしています

もどるホーム

校長室教育目標学校紹介各学年学校だより学校安全PTA地域校区連携