home学校紹介学校行事>次代を担う子どもの文化芸術体験事業ワークショップ

学校紹介

主な学校行事

次代を担う子どもの文化芸術体験事業

平成23年度文化庁の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」の派遣事業で、東京合唱協会に来ていただきました。この事業は一流の文化芸術団体による舞台芸術公演を行い、 次代の担い手となる子どもたちの発想力やコミュニケーション能力の育成を図り、将来の芸術家の育成や国民の芸術鑑賞能力の向上に つなげること」を目的としています。
9月26日(月)13:45〜15:25に本公演を行っていただき、全校児童・保護者で鑑賞しました。6年生は、本公演第三部で共演しました。そのためのワークショップを9月5日(月)9:00〜から受けました。

ワークショップ

9月5日(月)9:00〜10:50に東京合唱協会の6人の方々から、歌唱指導と振付指導を受けました。「ドレミの歌」(歌唱と振付)と「すべての山に登れ」(歌唱)の指導でした。
プロの方から指導を受ける機会はあまりないので、ちょっと緊張しつつ、練習しました。2時間弱の指導でしたが、よい経験になったと思われます。
本公演の6年生の様子もひとつ楽しみです。

ワークショップ/リハーサル本公演

学校行事に戻る

もどるホーム

校長室教育目標学校紹介各学年学校だより学校安全PTA地域校区連携