平成26年4月18日更新





TOP 学校紹介 学校行事 おたより 今日の樫田 学校長より


校長よりご挨拶

 

 たくさん雪がふった冬が終わり、樫田の里にもようやく春本番がやってきました。

 校庭の桜がお祝いするように咲き始めた4月7日に行われた入学式では、9名のピカピカの1年生が元気に樫田小学校の仲間に加わりました。そのほかの学年にも5名の転入があり、総勢52名の子どもたちが元気に新しい年度をスタートしました。

 2週間がたって、1年生はバスでの登下校にも、勉強にも、遊びにも少しずつ慣れてきて、元気に生活することができています。上の学年の人たちも、ひとつ学年が上がった自覚を感じる場面がたくさん見られています。

 本校では、昨年度「特認校制度10周年記念事業」として、さまざまなイベントや取り組みが展開されました。「そんなことできるだろうか?」と思っていたことでも、保護者や地域のみなさんの知恵や力でみごとに実現していく姿に、樫田小を取り巻く応援団のみなさんの力とつながりを強く感じることができました。

 明治7年(1874年)に東掛(とうげ)校の田能分校として発足して以来、今年度(平成26年度)には創立140周年を迎えます。明治の新しい時代に入ってすぐ、学校の制度ができて間もない時期に、子どもたちの教育のためにこの地に学校をつくった方々の努力に深く敬意を表したいと思います。そして、地域の子どもたちをみんなの力で育てたいという熱い思いは、今なお引き継がれています。特認校制度を活用してスマイルとして樫田に通ってきてくれている子どもたちや保護者のみなさんも同じ気持ちで支えていただいています。

そうした思いに応えることができるよう、豊かな自然に恵まれた環境や、少人数を活かした特色ある教育活動を展開し、子どもたちが「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」をバランスよく身につけることができる学校にしていきたいと思います。

 たくさんの方に知ってもらっているように、樫田小学校のマスコットキャラクターは「ゆるケロ」です。「ゆるケロ」は、イラストとしていろいろな場に登場するだけでなく、行事などでも姿を現して、みんなを笑顔にしてくれています。今年の入学式でも、1年生のみなさんの入学をお祝いしに来てくれました。

「ゆるケロ」の性格は、「かしこい」「しっかりもの」「だれでもスターにしてくれる」だそうです。これは、「かしだ」の1文字ずつをとって、平成21年度の卒業生が考えてくれたものが元になっています。ゆるケロに込められた思いを実現するために、今年度、次のようなことに取り組んでいきたいと考えています。

    しこい子どもを育てる

   ・基礎的・基本的な学力や活用力など、学力をつける。

   ・自分の考えたことを言葉で伝えたり、相手の考えをしっかり聴いたりすることができるようにする。
っかりした子どもを育てる

   ・自分でできることは自分でしっかりやり切る力をつける。

・しっかりあいさつできる子にする。

   ・友だちのことをしっかり考え、仲良くしたり、いっしょにがんばったりできる力をつける。

    れでもスターにする

   ・少人数の利点を活かして、一人ひとりが活躍できる場をたくさん設定する。

・体験的な学習や表現の場をたくさん作り、得意な分野を伸ばしたり、新しいことに挑戦したりする機会を増やす。

 教職員一同、子どもたちの成長に向けて全力で取り組んでまいりますので、保護者の皆様、地域の皆様のあたたかいご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

                   高槻市立樫田小学校 校長 久保 正明

   

以上


ゆるケロ☆つうしん 1

ゆるケロ☆つうしん 2

ゆるケロ☆つうしん 3

ゆるケロ☆つうしん 4

ゆるケロ☆つうしん 5
○25年度