地域と連携した特色ある学校づくり指針事業   
 前期(7月~10月中旬)の主な取り組み予定
 月  日 取り組み内容 
 7月    学習意欲の向上~基礎学力の定着
・ICT学習教材を活用し、授業内容の定着と自学自習の力をつけます。
7月~8月    家庭のパソコンやタブレットで家庭学習(国・算・理・社)サービスをスタート。(個人のIDカード配布)
・・・・・学校でも使用します。【個に応じた学習、学習履歴の蓄積】
プロジェクター教材・学習百科事典を活用した授業【興味・関心・意欲】
7月   4日  人間関係づくり・集団づくりの推進
 6月に行った2年・3年・4年・5年・1年のQUテストの分析結果をもとに講師を招聘し、校内研修を行い、
児童理解を深め、児童への適切な支援、クラス集団づくりに活かします。
7月~10月    多文化共生教育の推進~オッケトンムの活動~
指導講師(保護者)に支援していただき、外国の文化を学びます。
7月~10月     学びあう力を高めるための授業の研究
  公開授業 4年「ひとつの花」
  
 7月 12・13・19日  コミュニケーション力を高め人間関係力を育成する(人権教育)
  公開授業 4年「平和にくらせる世界を願って本の紹介をしよう」
  公開授業 6年「集団で協力して行うゲームを通して友だちとより良い関係を築く」
9月~10月    公開授業(予定) 
 8月 31日  集団作り(児童理解)
 校内研~学級づくりと集団づくり~  講師 奈良教育大学  准教授 粕谷 貴志さん
10月     心の教育プロジェクト
  いじめ予防の教育プログラム「セカンドステップ」(1~4年生対象)の授業を行います。
 講師:地域在住 田中 淳子さん 濵田 綾子さん
   ・コミュニケーション力を高め人間関係力を育成します。
   ・児童一人ひとりが、自分の良さを安心してのびのびと発揮できる“こころ優しい集団づくり”
    を目指します。
10月     『学校力』『家庭力』『地域力』の向上
  家庭学習保護者体験開催(講師 ラインズより)
  ・家庭学習(国・算・社・理)サービスを保護者や地域の方々に体験していただき、活用方法を
   詳しく説明します。