神峯山寺

 神峯山寺は根本山と号して天台宗に属し、毘沙門天を本尊としています。
役の行者(えんのぎょうじゃ)小角(おずぬ)が開山し、宝亀年間(770年ごろ)に開成皇子が創建したと言い伝えられています。
 当時は、仏教の聖地として比叡山(京都府)や葛城山(奈良県)とならぶ7高山のひとつに数えれれ僧坊21寺領1300石におよんだそうです。
 皇室の崇敬が厚く、また足利3代将軍義満や豊臣秀頼の生母、淀殿らの寄進も多く大いに栄えました。秀頼も諸堂を造営したと伝えられています。
 江戸時代中期の明和2年(1756年)に火災で焼失、安永6年(1777年)に再建されました。
現在は、宝塔院(本坊)と寂定院(じゃくじょういん)龍光院(りゅうこういん)の3院となっています。
 本尊に安置されている阿弥陀如来坐像と2体の聖観音立像は平安時代の作で、国の重要文化財に指定されています。
                                        (高槻市教委説明板より)