三好山
芥川城がありました。
 三好山は城山とも言います。現在も、石垣がわずかながら残っています。
 戦国時代、この山の上に山城がありました。三好長慶の居城で芥川城とよばれていました。
 同じ芥川城といわれるものが、西国街道芥川の宿の北側の殿町付近にもあり、交通の便のよい街道側には、居館があったと思われています。
 三好長慶は子の義興に城を譲り、河内の飯盛山城に移りました。その後、織田信長の攻撃を受け陥落した後、和田伊賀守、高山右近の城となりその後、天正の初期、高槻城に移されました。