帯仕山古墳群
 
 清水台の住宅がある山を帯仕山(おびしやま)と言います。この帯仕山を中心に広がって分布しているのが塚脇古墳群です。古墳は、約50基発見されていて、直径10m〜20mの円墳で、6世紀後半から7世紀にかけてつくられました。

 校区の清水台に保存されているのは、塚脇C7号墳です。昭和56年に発掘されました。直径9.5mの円墳です。古墳の中央には、棺を納めるための横穴式石室がつくられ、中からは、人骨の一部とともに耳かざりや、食器などがみつかっています。