神服神社
神服神社 清水台の住宅地がある帯仕山の南側一帯は、「服部(はっとり)」と呼ばれ、古代には、機織りを仕事とする渡来系の人々が住んでいました。その中心の地に神服神社がまつられています。
神服神社