八坂神社は素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祭神とします。
 清和天皇の時代(9世紀後半)に疫病が流行したため牛頭(ごず)天皇を迎えたのが起源と言われています。
 
 4月のはじめに「綱引神事」が行われます。わらで直径25cm,長さ30mもの大綱をつくって大蛇に見立て、村中を練り歩いたあと、弓で射止める神事です。その昔、神社の西北、阿路ヶ谷の原ヶ池に棲み村人を悩ました大蛇を退治したという故事にちなむものだそうです。
境内には昔の石風呂とも言われる石槽があり、昭和49年に大阪府の有形文化財に指定されました。
八坂神社
原