− 西大冠小学校の地域とつながる取り組みについて −
 西大冠小学校では、子どもたちが地域の人たちと出会い、地域の良さを知る中で主体的に学び、心豊かに育つことをめざしています。そのために「地域に開かれた学校」をめざし、地域の人たちの協力を受けながらさまざまな取り組みや活動を行っています。また、城南中学校区の学校として「0才から15才までの子育てを共通の視点で」のテーマのもと春日保育所・西大冠幼稚園・若松小学校・城南中学校と連携した教育活動や交流も行っています。ここでは、その主な活動を紹介します。

田植えといもほり
 地元の農家の組合の方に指導してもらいながら農業を体験しています。
6月 学習田で5・6年生が田植え。地元の農家の方に指導してもらっています。 今年の西冠祭。西大冠幼稚園の人たちもご招待しました。 西冠祭
 2007年度から5月になりました。西大冠幼稚園の子どもたちを招待し、いろんなコーナーを楽しんでもらいました。
10月 1・2年生いもほり。サツマイモはたくさんとれたかな? 3年生が若松小3年生と合同遠足。中央卸売市場へいきました。
ランランオープンスクール
 地域ボランティアに支えられ、年間10回のクラブ活動をしています。今年で10年目をむかえました。
茶道部の活動。コミュニティーセンターの茶室でお茶の先生に基本から教えてもらっています。 中学校の運動会で1年生が中学生のお兄さん、お姉さんといっしょに玉入れ! 若小交流(合同遠足) 
 昨年は、3年生が合同遠足を行うなど、各学年がいろんな形で若松小との交流を行い、中学校で出会う仲間と交流をしています。
小−中交流
 城南中学校の運動会に1年生が招待され、中学3年生と合同玉入れをしました。中学生のお兄さん、お姉さんに優しくしてもらい、玉入れを楽しんでいました。
11月クリーンキャンペーン 4年生と地域の人たち、中学生、幼稚園や保育所の子たちなど、みんなで町をきれいにしました。 地域公開研・スマイルフェスタ
 スマイルフェスタは、第7回を迎えますが、すっかり地域のお祭りとして定着しました。
模擬店も大盛況でした。
クリーンキャンペーン
 地域の小・中学校と幼稚園、保育所が地域の方とともに、校区のあちこちで清掃活動を行いました。
スマイルフェスタのステージ。この写真は高学年の南中ソーランです。  模擬店では、3年生が若松小3年生と合同でお店を出しました。また、PTA有志のお店や5・6年有志のステージ「西冠ソーラン」がスマイルフェスタを盛り上げました。

平成18年(2006年)には、この活動が認められ、城南中学校区として「子どもの未来ハートフルプロジェクト推進事業」(3年間)の指定を受けました。『みんなでつくる城南ハートフルタウンプロジェクト』のスローガンのもと、ハートフル(心豊か)な子どもたちの育ちをめざし、地域や校区で連携しながらさらに、子どもたちの瞳が輝く取り組みを進めていきたいと思っています。

城南ハートフルタウンプロジェクトのメインシンボルマークです。 ハートフルタウンプロジェクトの西大冠小学校のシンボルマークです。