地震(余震)発生時における安全対策について
学校は、臨時休校(りんじきゅうこう)としますので、各家庭で安全確保に努めて下さい。
 危険な場所をさけ、安全な場所に一時避難し、ゆれがおさまったら、学校か自宅の近い方
にいってください。その際には、落下物に注意し、こわれそうな建物や塀(へい)・地割れ
(じわれ)などに近づかないようにして下さい。
学校は、児童を安全な場所へ避難誘導(ひなんゆうどう)します。学校および周辺の被害状況
を見届け、安全確認の上、保護者に引き渡すまで責任を持って保護・監督をいたしますので、
できる限りすみやかにむかえに来て下さい。
 原則として臨時休業にはしませんが、学校および地域の被害状況などにより、児童の安全確保の上から臨時休業の措置をとることもあります。
 地震では、予期できない事態が発生することがあります。各家庭で状況を判断し、安全確保に努めてください。
(高槻市災害対策マニュアルに基づく)

〈平成16年(2004年)2月20日付 『「暴風警報」発令中の措置・地震発生時の安全対策』より転載〉