概要

創立から10年で大きく校区が変化しました。

大冠小学校は昭和40年(1965)4月1日、高槻小学校児童急増に伴い5年生以下で開校されました。

当時の校区は野田、東天川町、旭町、天川町、藤の里町、西天川東(松川町)馬場、冠、辻子、深沢府営住宅で編成となりました。

昭和41年4月に明野町、永楽町、東洋紡、沢良木町などの地区を編入し、6年生までの全学年編成となりました。

昭和43年(1968) 南大冠小学校新設されました

翌昭和44年(1969)北大冠小学校新設に伴い野田地区が分離されました。

昭和48年(1973)冠小学校新設に伴い須賀町南部、松川町、辻子1丁目が分離されました。

昭和51年(1976)松原小学校新設に伴い明野町、永楽町、沢良木町が分離されました。

以後、大冠小学校の校区は藤の里町、天川町、天川新町、東天川町1〜3丁目、日向町、須賀町北部となりました。


【児童数の推移】



どこにあるの?どんなところ?児童数大冠小学校のあゆみ校歌大冠小学校いまむかし