奥坂小の沿革史    もどる

校名の由来      校章について      

1976年度
(昭和51)
4月校舎建築着工
3月南校舎完成
1977年度
(昭和52)
4月1日学校創立
 高槻市立磐手小学校は、その校区がきわめて広く、当地区の発展に伴い、古曽部地区に昭和48年頃からマンション群が続々と建設され、年を追って児童数の激増を見たので、校区の一部を分離して、一校を新設しなければそのマンモス化を解消することができない状況になった。山を切り開いての工事がはかばかしく進まず、一年遅れの開校となる。
 小高い丘の上で高槻市が一望に見下ろされ、北に府立高槻北高校も同時に新設され、東に高槻八中があり、幼稚園も併設して幼稚園より高校までの一学校群としての文教地区となる。
4月25日体育館完工
5月10日高槻市広報で校章と校歌の募集記事を載せる。 
6月6日創立記念日
体育館も完工し、プールの完工も見通しがついたので、外観的に学校としての形も整ったこの日をもって創立記念日とする。
6月27日簡易プール完工
黄金ヒバ20本ヒラドツツジ20本楠1本植樹。中庭花壇・池の設置。
1978年度
(昭和53)
4月正門整備。7月築山。1月体育館バスケットゴール。3月校舎大時計。
サザンカ、モクセイ、フェニックス、マキ植樹
1979年度
(昭和54)
校内舗装。校門より校舎、通用門より校舎など、職員作業で完成。
カシ、サツキ、クチナシ、アケビ、ムラサキシキブ、ナンキンハゼ植樹。
1980年度
(昭和55)
北校舎着工
3月完成
広報たかつき「学校めぐり」に奥坂小学校の紹介記事が載る。
1981年度
(昭和56)
2月百葉箱設置。
1982年度
(昭和57)
7月百葉箱周囲フェンス設置。
1984年度
(昭和59)
6月校舎大時計、体育館大時計設置。
1985年度
(昭和60)
4月スポットライト設置。
1986年度
(昭和61)
PTAより学校創立十周年記念行事として校旗を寄贈される。
1988年度
(昭和63)
体育館どん帳新調。視聴覚室完成。
1989年度
(平成元)
簡易プールからプール本格化完工。
1990年度
(平成2)
3月緑化工事(運動場周辺)
1992年度
(平成4)
3月ウッディハウス風飼育小屋完成。
1993年度
(平成5)
児童下足室完成。
1995年度
(平成7)
2月ランチルーム完成。
1996年度
(平成8)
11月2日(土)二十周年記念式典並びに記念行事
PTAより体育館行事用ひな段を寄贈される。
吉野桜6本植樹。
体育館側中庭大時計設置。
1997年度
(平成9)
12月コンピューター室完成。
1998年度
(平成10)
高槻市教育センター調査研究委嘱校(心の教育)に指定される。(二年間)
1999年度
(平成11)
4月学校図書館にコンピューター2台設置。
11月20日(土)「心の教育」研究発表会。
2000年度
(平成12)
4月八中校区地域教育協議会設置。
10月7日(土)八中校区地域教育協議会総会。
2001年度
(平成13)
7月校舎大規模改修。
10月北側児童通用門設置。
11月非常警報装置機器設置。
2003年度
(平成15)
10月南校舎一階トイレ改修。
2004年度
(平成16)
8月普通教室エアコン設置。3月南校舎三階トイレ改修。
2005年度
(平成17)
5月プール侵入赤外線監視装置設置。
南校舎2教室、西校舎1教室、音楽室エアコン設置。
2学期制調査研究モデル地域指定(八中校区幼・小・中)(二年間)
2006年度
(平成18)
6月〜体育館耐震工事。
8月普通教室改修。
11月26日(土)30周年記念式典並びに記念行事
2007年度
(平成19)
4月〜二学期制開始。
8月学童保育室、北校舎東に新設。
 2000年度
(平成22)
2月1日 大阪府体力向上研究実践校表彰
 2001年度
(平成23)
 5月   カンボジア交流 開始  (関西大学とも連携)
 2002年度
(平成24)
 4月 八中校区小中一貫連携会議発足
    読み聞かせの会発足
10月  全国学校体育有料校表彰(北海道にて)
11月17日  体育自主研究授業実施
 1月  PTA応援旗寄贈
2013年度
(平成25)
4月  平成25・26年度 高槻市教育センター連携型小中一貫教育研究校委嘱 
6月〜 南校舎・中校舎耐震工事。
11月29日 大阪府道徳教育研究発表大会 三島大会開催 
2月  八中校区 一斉あいさつ運動
3月  カンボジア交流 終了
2014年度
(平成26)
4月  高槻市防災教育研究委嘱校に指定 
6月〜 北校舎耐震工事。
1月  八中校区 一斉あいさつ運動
2月  防災シンポジウム
 2015年度
(平成27)
 4月  八中校区連携型小中一貫教育承認校

もどる