校歌誕生の秘話 もどる

 学校ができて、しばらくは校歌はありませんでした。
 
 しばらくして、少し落ち着いてきたころ。

 今までの学校の「校歌」とは、ひとあじ違う

 ざん新でなじみやすく楽しい「校歌」にしたいなぁと

 当時の先生たちの思いから、

 広報「たかつき」昭和52年5月10日号に掲載されました。 校歌募集の記事

 応募のされた20余の作品の中から

 その当時芝生に住んでおられた、

 山岡久仁子さんの作品が選ばれました。

 「校歌」としては、大変珍しく
 
 作詞の中に一度も『小学校』の表記がありません。

 「校歌」のサブタイトルに『みんなで』とかかれていることも画期的です!

 奥坂小学校を『ふるさと』のように思ってほしいという願いや

 新しいみんなの学校という強い思いがそこにあるのではないかと思います。

 作曲も、創立当時の大西教頭先生のお知り合いの方に依頼されました。

 名前の有名な先生に頼むのではなく、

 子どもの思いに寄り添った曲がいいなぁとの思いから

 茨木市で音楽を教えておられた松尾由実子先生によって作曲されました。
  楽譜を見る・校歌を聞く
                                          もどる