児童の安全について

児童の安全について、本校の対応策を紹介します。
まず、大人の手で児童を守るシステムを作り上げることです。本校では、PTAの呼びかけで緊急パトロールサポート隊を結成し、緊急時に学校へ駆けつけていただくことや、地域内のパトロールを行っています。また、地域の交番の警察官の方、地域の方々が朝、校門で立ち番をしていただいたり、通学時のパトロールを行っています。学校では、教職員による校内の不審者チェック、不審者進入を想定した児童の避難訓練などの安全指導を行い、児童の安全確保に努めています。さらに、地域では十中ブロック青少年健全育成連絡協議会(第十中学校区地域教育協議会)による夜間パトロールなども活発で、地域を上げて子どもを守る取り組みが行われています。このような取り組みと共に何よりも大切なことは、児童一人ひとりが自分の身を守ることに心がけ、安全についていつも気をつけているということです。学校では次のことを呼びかけていますので、ご家庭でも子どもたちにご注意ください。


注意すること
〇登下校は、友達と一緒に複数でするようにしましょう。
〇友達と別れて、一人になったら周りを注意して家に入りましょう。
〇家に帰ったら、必ずかぎをかけましょう。
〇知らない人に誘われても絶対についていかないようにしましょう。
〇危険を感じたときは、大きな声をだして、近くの人や近くの家(こども110番の家など)に助けを求めましょう。
〇出かけるときは、行き先、帰る時間を家の人に告げて行きましょう
〇公園などで遊ぶときは、一人では遊ばないようにしましょう。

※ 被害にあいそうになったり、被害にあったときは、まず高槻警察署(672−1234)に届けるとともに、学校(671−1312)にも連絡してください。