生 活 編


   
生活ときまり   
  ・基本的生活習慣を身に付け、中学生らしい学校生活をおくれるように、つぎのように学校生活のきまりをさだめています。
一人一人が自らを高め、自らの生活を豊かにするために、中学生として自覚と責任を持った行動をしましょう。  
   
1・   校 時     
     @始 業 開 始・・・・8時30分(朝読書がはじまります。)     
   A下 校 時 間・・・・一般下校  4:45(夏・冬とも)
              クラブ下校 (夏)6:00  (冬)5:30または5:00
   
   T・余裕をもって登校し、遅刻をしないようにします。
         (8:30には教室で朝学習を開始します。)
   
   U・標準服で登校するようにします。    
   V・下校後、または、休日に登校する場合は、標準服化ジャージで登校するようにします。私服での当行は禁止です。    
   W・買い食いをした英、寄り道をしません。又。複数で下校するようにします。    
       
 2・ 服装等(23年度から,PTA水sン服も、標準服に含みます)     
   @標準服    
 
  男子  女子 
   冬  夏 冬  夏 
 上  標準学生服  ポロシャツ  ブレザー
(ベスト)
ポロシャツ 
 下  標準学生ズボン
 指定のプリーツスカート 
 
 
    T・校内においては、原則として上の服装です。
  *最終授業をジャージ及び体操服で受けていた場合、終礼時はそのままで可。
  *授業中は、教科担当の許可を得て上着を脱いでもいいですが、下にポロシャツを着ている場合だけです。
  セーター、トレーナーで授業を受けることはできません。
   
    U・衣替えについて
  *移行期間 ⇒ 「4月・5月」と「10月・11月」
   冬服 ⇒「12月・1月・2月・3月」  夏服「6月・7月・9月」です。
   ※但し、4月は入学・始業式からクラス写真の撮影が終わるまでは冬服を着用します。
  *冬服の下に着るものは、ポロシャツです。
   (トレーナー、セーター等は着用可ですが、標準服の上着の裾及び襟からは出さないようにします。フード付きの服は禁止です。)
   
    V・変形服、変形ズボン、極端に短い、あるいは極端に長いスカートを着用しないようにします。装飾品、化粧品もつけてはいけません。    
    W・服ボタンをはずしたり等のだらしない格好をしないようにします。    
    X・夏服の下に着るものは、白の肌着です。ただし、左胸ワンポイントの下のTシャツまたは白体操服は可です。                                             
    クラブTシャツは不可です。
   
   A名札:学校指定のもの(学年毎に色分けしています。)    
     今年度は    
   1年生・・・(緑)  2年生・・・(白) 3年生・・・(青)
    T・左胸ポケット付近に付けます。(学生服・ブレザーのみ)    
    U・名札を忘れた場合は、予備名札を朝のうちに担任の先生に刈ります。    
    V・なくした場合は、担任の先生に注文してもらいます。    
  B通学靴:派手でないもの(ひもについても同じ)
      高価でないひもつきのスポーツシューズで、体育の授業に適しているもの。
       ハイカット・革靴等は学校には履いてこないでください。
      ※靴のかかとは踏まないようにしてください。
Cかばん:特に決めませんが、授業道具を入れるのに適しているものにします。   
   
  D靴下:特に色は決めませんが、スクールソックスを基本とします。
     ストッキングは黒・肌色を基調としたものに限ります。
   
  Eベルト:黒・紺・茶色を基調とした派手でないものを使用します。    
  F防寒着:学校指定のもの。   赤・青・紺・黒 (申し込み・販売は10月の予定)    
   T・校舎内に入れれば脱ぐ事。          
   U・マフラー、手袋、ネックウォーマーなどが着用可です。    
    V・防寒着の着用を認めるのは、体育の授業時,登下校時,校外での活動など特別に許可を得た場合に限ります。    
  G頭髪:高校入試に対応できる自然な髪形。脱色・染色・パーマ・整髪料・奇抜な髪形等は認めていません。
  【髪形の違反がある場合は元に戻してから授業に参加して下さい】 
 髪の毛をくくる人は、紺・黒・茶の派手でないゴムひもでくくります。
   
       
3・   許可申請について    
  @外出許可    
   1.一旦登校した後の外出については、原則として許可しません。
 2.どうしても外出しなければいけない場合は、職員室で先生に外出許可証を発行してもらい、それをもって外出します。 
   
  A早退許可    
   1.早退しなければいけない場合は、担任(副担任)に連絡してから帰ります。
 2.体調不良の時は、保健室の先生に相談します。
 3.帰宅後は、学校に「無事に帰宅した報告」を電話で連絡します。
   
  B自転車通学許可
 1.原則として禁止です。
 2.自転車を利用する特別な事情がある場合は、保護者を通じて担任に連絡をします。
 3.二人乗りなどああったときは、許可を取り消します。
   
4・  昼休み、給食に関して    
      昼休みは12:35〜14:30です。 13:25に予鈴がなります。      
   1.昼食は自分の教室で全員そろってから食べます。
 2.13:05までは食べ終わっても教室から出ません。
   
       
5・  持ち物に関して     
    1.自分の持ち物には、名前を書くようにしてください。
  2.貴重品(時計など)や必要のないお金は持ってきません。
  3.漫画・雑誌・トランプ・ゲーム機・携帯電話等の不要なものは持ってきません。
  4.水筒は持ってきてもかまいません。水筒の中身は水、お茶、スポーツドリンクだけです。授業中は飲みません。
   
       
6・   職員室の入室に関して    
    1.原則として職員室には入れません。用事があるときは、職員室の入口から先生を呼んでください。
    (例:「○年○組の□□ですが、△△先生はいらっしゃいますか?」
  2.教室などの鍵を取るときは、入口の横のカギをかけている著ころまで、上靴を脱いで入ってください。
    (例:○年○組の□□ですが、△△教室の取らせてください。」
   
       
7・  三中では、これまでも校内や校外で、教師や保護者、来客の方、生徒同士で大きな声であいさつをするという「あいさつ運動」の取り組みを続けてきました。その結果、三中を訪れた多くの方や地域・保護者の方から、「三中生は気持ちよくあいさつしてくれる。」「すばらしい学校だ。」と評価をして頂いております。卒業生や現在の三中生も、「三中のいいろころ」として、必ず「元気にあいさつができるところ。」とあげています。新入生のみなさんも、三中の素晴らしい伝統をしっかり守って、引き継いでほしいと思います。     
   校内で出会ったすべての人にあいさつをしましょう。
 「おはよう!」(大人の人には「おはようございます。」)
 「こんにちわ!」 「さようなら!」
   
       
   三中生の明るく元気なあいさつで、
三中を今よりもさらにすばらしい学校にしましょう!