台風や地震のときその他の対応


●台風や地震のとき              お便りはこちら

台風等で暴風警報が発令されている場合    
1・ 午前7時現在の気象情報で、高槻市に「暴風警報」が発令されている場合は、自宅待機してください。
2・  午前9時までに、「暴風警報」が解除になりましたら、登校させてください。ただし給食はありません。給食は中止となります。
3・  午前9時現在まで「暴風警報」が解除されていない場合は、臨時休校になります。
4・ 登校後 、「暴風警報」が発令された場合は、状況をみながら、すみやかに生徒を下校させ、臨時休校の措置をとります。
5・   上記の措置は、「暴風警報」に限ります。「大雨警報やその他の警報、注意報」については、特に学校から連絡がない限り、平常どおり登校させてください。(広域でも警報で高槻市が含まれる場合も同じです。)
震度5以上の大規模地震が発生した場合 
1・ 登校前の場合は登校を見合わせて自宅待機し、学校からの連絡を待ってください。状況に応じては、関係機関等の指示に従い、避難など家庭の方で適切な対処をしてください。登校中の場合は、近くの公園など安全な場所に避難し、安全を確認してから、自宅または学校のどちらか近い方に行ってください。 
2・ 在校中に大規模地震が発生した場合は、速やかにグランド等に避難し、消防署、警察署、市役所、教育委員会など関係機関の指示を得て、学校の方で適切な処置をします。(生徒の安全確保、家庭への連絡、今後の避難等の指示など) 
3・ 震度5未満の軽微な地震の場合は、長時間余震等が続くなど、危険が予想される状態でない限り、地震がおさまれば登校してください。登校後、危険な状況が発生した場合は、避難等も含めて学校の方で適切な対処をします。 


●その他の危険への対応について

 高槻市に「特別警報」 (大雨等による) が発令された場合、その日は臨時休校になります
 「火事」 「大雨・洪水」 「竜巻・突風」など、 台風以外の災害が在校時に発生した場合は、消防などと連携し、生徒の安全を最優先した対応を、学校が責任をもって行います。
  不審者などの生徒の安全をおびやかす事案が発生した場合は、警察、教育委員会などと連携し、生徒の安全を最優先した対応を、学校として  責任をもって行います。
 ・  登下校中などの不審者情報については、地域・保護者からの情報や「大阪府警あんまちメール」などと連携して、できる限りお知らせしますが、 軽微な事案については、生徒への注意喚起だけになる場合もあります。
  

《 備考 》午前7時現在の気象情報で、高槻市に「特別警報」または「暴風警報」が発令されている場合、
            
       その日の
給食は中止となります。