進路について  


 進路指導は、生徒が自らの生き方を考え主体的に進路を選択することができるよう、
学校の教育活動全体を通じ、計画的、組織的な進路指導を行い中学校卒業後、
進学した生徒たちが3年間どのような学校生活を送り、学び育っていくかを考えて指導しています。

 進路についての詳しい説明は、進路説明会(3年生の保護者の方が対象ですが、
1・2年生の保護者の方も希望する方は参加できます。)で行います。ここではその概要だけを紹介します。

      ■進路に関した日程(予定)

  学校行事  進路関係行事日程   その他
4月   全国学力テスト
教育相談
   学活
(学習計画をつくる)
5月 第1回実力テスト 第1回進路説明会
進路希望調査用紙配布 
 進路学習PART1
6月  合宿・6月定期テスト
三者懇談・大阪府学力テスト
オープンキャンパス・学校説明会始まる
三者懇談 
 
7月    三者懇談   
8月 第2回実力テスト    
9月 9月定期テスト     
10月 体育祭・教育相談
第3回実力テスト 
第2回進路説明会・進路希望調査  府育英会奨学金予約k説明会
進路学習PARTU 
11月  11月定期テスト    高槻市奨学金申込み
12月  三者懇談  三者懇談(就職・進学・専願・併願・私学決定)
私学願書取り・事業所見学
 入学資金貸付申込み
進路学習PARTV
1月 学年末テスト  私学出願・前期出願準備・就職相談  進路学習PARTW 
2月   私学入試 前期出願 後期出願準備 前期選抜 就職選考  進路学習PARTD 
3月  卒業式 後期出願
後期選抜 
 

      ■進路決定にあたって

 

 1  進路を考えるということは、単に卒業後の進路先を考えるだけでなく、将来の目標を考え、自分の生き方を考えましょう。
 2  自分の個性をよく考え、適性に合った進路を考えましょう。
 3  進路決定にあたって、家庭では子どもと保護者で十分に話合ってください。
 4  高校の説明会や見学会、体験入学に参加するなど、自分から進路についての情報を積極的に手に入れ、各学校の特色を把握してください。校風や通学時間なども知ることができます。
 5 学業成績だけでなく、遅刻・服装・言葉使い・生活態度にも気を付けてください。
基本的生活習慣を身に付けることも大切です。
 6 最後まであきらめない本人の意欲と努力で目標を達成しましょう。
学業成績は、短時間で向上するものではありません。まず、日ごろの授業に集中し取り組み、こつこつ地道な努力を積み重ねてほしいです。また、提出物などは必ず期限までに提出し忘れ物をしないようにしましょう。1年生からの基礎学力が大切です。 
※ 学校からの配布物がお家に届くようにして下さい。
※ 大阪府内の私立高校の授業料が無償かされましたが、授業料以外にも必要経費がかかります。
  また、授業料は一旦おさめて、10月以降に還付されますので、入学時に50〜60万円必要です。

      ■中学卒業後の進路について

       


      ■進路決定にあたって

      


■高校をえらぶにあたって

 1  ・ 高校(進学先)の特色などのほかに通学時かにゃ通学手段の利便性もかんがえましょう。
 2  ・  公立学校と私立学校があります。
 
 《公立学校》 国立の高等学校、大阪府・大阪市の高等学校
         国立と大阪府立大学高等専門学校
 《私立学校》 私立の高等学校
         専修学校高等過程
         
 3  ・  私立高校受験に「専 願」 と「併 願」

 《専 願》  合格すれば、必ずその高校に入学する受験の仕方
         合否判定で併願に比べて有利。

 ※ 公立高校を受験する場合、 「併願」で受験しておくことをお勧めします。公立高校を「単願」
   (私立高校を受験しない)で受験しても、合否判定で有利になりません。
 4  ・ 私立高校を選ぶにあたって

 ・全国どこの高校でも受験ができるけれども、本人の目標・適性と高校の特色と通学時間など、
  そして入学が目標でなく、3年間頑張れることも目標にしましょう。
 ・大阪、京都、兵庫のほとんどの高校は、2月10日と11日に入学試験を行います。
 ・私立高等学校等授業料軽減助成は、大阪府内の私立高校・専修学校場合のみになります。
 5  ・  大阪府公立j高校を選ぶにあたって

 ・全日制普通科(後期)は、1学区に24校あって、24校から選べます。
 ・全日制普通科総合選択制(後期)は、1学区に4校で選べます。
 ・全日制普通科単位制・専門学科など(前期)は 大阪府全域から選べます。
  高等学校の特色と通学の利便性を考えましょう。