6月5日(月) 
ガンバ大阪ホームタウンふれあい活動
※ クリックすると拡大します。 
 ガンバ大阪ホームタウンふれあい活動で、元日本代表キャプテンで現在はU-23監督の宮本監督、森選手、井出選手、高選手やコーチの方々が、三箇牧小学校を訪問してくれました。
 パスやドリブルなどのプロの妙技を披露していただいたり、低・中・高学年・教師がそれぞれミニゲームに参加し、大いに盛り上がりました。
 子ども達の質問にも丁寧に答えていただきありがたかったです。その後、5・6年生は給食を一緒に食べました。その時、最後に宮本監督が子ども達に語っていたことが印象的でした。

「将来の夢ってある?」
「じゃあ、そのために何をする?」
「中学生か高校生か夢を持った時に、その夢を叶えるためにどうするか考えて努力していってください。」

 世界を舞台に戦った宮本監督の言葉は、子ども達にもしっかりと伝わったことと思います。