PTA人権問題学習会共催
人権講演会 レポート

学び舎TOPへ戻る

竹の内小学校PTA・学びやネット共催人権講演会
〜アイルランド紀行〜
アイリッシュ音楽とダンスコンサート
実施レポート


11月20日小学校体育館にて春先からPTAさんとともに大切に温めてきたアイリッシュ音楽とダンスコンサートを開催いたしました。

Shanachie(シャナヒー)さん&森之宮セットダンサーズさんによる「アイリッシュ音楽とダンスコンサート」です。
親子でアイルランドの歴史や文化を学び、音楽・ダンスに親しみましょう。
というテーマでの企画です。

素敵な生演奏とダンス。
クイズを交えてアイルランドの歴史や文化を学んだり、みんなで踊ろうコーナーもあり、盛りだくさんで、本当に楽しいひと時でした。

準備の中で、PTAさんから会場の装飾について提案があったり、セットダンサーズさんからアイルランドの歴史をお話をわかりやすくクイズ形式にしたいと提案があったり、フィナーレのダンスに運営委員から何名か参加してほしいなど、いろいろなアイデアがどんどん出て、みんなで作り上げたすばらしいコンサートになりました。
校長先生、教頭先生、PTAの委員さんからも多数お手伝いをいただきました。

皆さんの心遣いが本当にうれしかったです。竹小のPTA力って温かくって素晴らしい!と思いました。

出演者のShanachie(シャナヒー)さん、森之宮セットダンサーズさんにも本当に楽しんで演奏していただくことができました。

本当にありがとうございました。


(写真1)Shanachie(シャナヒー)さんの迫力ある演奏

(写真2)クイズ形式でアイルランドについて学びました。

(写真3)アップテンポのセットダンスにみんな釘付け

(写真4)子どもたちも真剣に聴いています。


出演者紹介

*Shanachie(シャナヒー)*
みどり(フィドル) Aki(パーカッション メロディオン)上原 奈未(ピアノ)
*Shanachieプロフィール*
シャナヒーはケルトや北欧などの伝承音楽をレパートリーに活動を行い、トラディショナルにとどまらないスタイルとサウンドで独自の世界を創りあげている。ホールや各種イベント、植物園や美術館、プラネタリウム等で幅広い演奏活動を行う。
またアンプラクトな編成のShanakafeではより身近にケルト・北欧の音楽を伝える活動を行っている。
これまでに、1stCD「Sally Garden」 、2ndCD「time blue」を発表。 
*シャナヒーHP*
http://shanachie.jp

*森之宮セットダンサーズ* 
えな かず くまがいとおる ケニー なつか フロル ミイママ リン
イラスト原案:さなえ
*森之宮セットダンサーズプロフィール*
アイルランドに古くから伝わるダンスを踊るグループ。
1998年より大阪森之宮にて久保和、栄子氏に師事。
アイルランドで開催されるワークショップ、講師来日時の講習会に参加。
京都セントパトリックスディフェスティバル、大阪府民コンサートなどに出演。
アイリッシュダンス関連HP
http://sainak.web.infoseek.co.jp(代表 久保和・栄子さん)
http://www.sankeigakuen.co.jp(産経学園 講師 山下 理恵子さん)

「アイルランドは、昔、豊かな国ではありませんでした。その中で人々の大きな楽しみの一つは、みんなと一緒に踊るダンスでした。
200年もの間、踊り伝えられてきたダンス。わたしたちはこのダンスに出会い、大好きになりました。
このダンスがアイルランドだけではなく、世界中のたくさんの人々の間で楽しまれますように。
そんな想いを胸に、自分たちの宝物を見ていただくような気持ちで踊ります。
プログラム後半では、ぜひみなさんも一緒に踊りましょう。」

現在のアイルランドの人口は大阪府の約半分の420万人。
酪農が盛んな緑豊かな国で、「グリーンアイランド」と呼ばれています。
日本ではあまり知られていませんが、イングランド統治下の19世紀『ジャガイモ飢饉』で食べ物がなくなり、多くの人々が餓死したり、アメリカなどに移住し、人口が大幅に減少するという悲しい歴史があります。
(プログラムよりメッセージを一部抜粋)

(写真1)

(写真3)

(写真4)

(写真2)

**参加者の感想**

*音楽(リズム)とダンスがあれば、誰もが楽しくHAPPYになれるのだと痛感いたしました。
初めてバイオリンの生演奏を聴き、ダイナミックな弾き語りに釘付けになりました。
みんなで踊ろうのダンスも楽しかったです。

*寒い時期に開催されることが多い行事は室内を会場にしてはどうでしょうか?
(参加者が多い場合、体育館ほど広い会場がなかなかないのが悩みですが。)
クローバーのワッペン(PTAさんのアイデアで作成)をつけたのは講演会に参加している雰囲気が
出せてよかったです。
こんな風に書いて申し訳ないのですが、「すしおけ」のような楽器が不思議でたまりませんでした。
(これはパーカッションのAKIさんの太鼓ですね。叩く位置でおしゃべりしているように音色が変わるとても珍しいものでした。)

*途中から参加させていただいたのですが、心が癒される音色、楽しい音楽で子どもも楽しんでいました。
ありがとうございました。これからもがんばってください。

*とても楽しい一日でした。生演奏にダンス。
アイルランドのことも知らないことばかりでためになりました。
映画タイタニックのダンスが見れてよかったです。
映画タイタニックのワンシーンで乗客たちが船内でアイリッシュダンスを踊るシーンがありました。
アメリカに新天地を求め、移住するアイルランドの人達がタイタニック号にはたくさん乗っていたんですね。)


*クイズが面白かった。ようせいの絵がカワユイかった。知っている音楽がたくさんあった。
(アイルランドは妖精の国とも言われています。)

*ダンスの先生厳しくもあったかーい人だったね。本日のNO.1バイオリンの方。ちっちゃい体で迫力の演奏。
カッコイイ!
(ダンサーズの河合様からよい機会だから子どもたちにコンサートマナーも学んでほしいといわれたのでどうぞやってください。とお願いしました。なぜそうしないといけないのかわかったのか、子どもたちもコンサート中立ち歩くこともなくちゃんと座って聴いていました。すごいですよね。)

*こんなにすばらしいならもっとたくさんの人に聴いてもらいたいと思った。
(クオリティの高い音楽会でした。子どもたちにもっとたくさん聴いてほしかったですね。)

(2011.02学び舎-05)