home>校長室から

校長室から

「地域と共に育つ」学校

校長  天野達也

本校は、牧田小学校と統合して15年が経ち、創立47年目を迎えます。
保護者・地域の皆様のご支援とご理解のおかげで、大きく成長することができました。
今年度も教職員一同、地域・保護者の皆様と力を合わせて取組を進めてまいります。

本校の教育目標

「自分で考え、ひとと話し合い、最後までやりぬく子どもの育成」

重点目標

1.一人ひとりの「考える」力を育て、家庭と連携し、学力向上に取り組む
2.命と人権を大切にし、児童・教職員の人権意識を高める
3.社会性をはぐくむ教育活動に取り組む
4.安全で、安心して学べる教育環境を作る
5.中学校区一貫教育の推進する

上記の目標を達成するため、

「チームで考え、練り上げ、行動」します

1、教職員が「チーム玉川」として、学校づくりを進めます
重点を、「学力向上と生徒指導」とします。

玉川小学校では、「考えを持ち、豊かに表現し合う 子どもの育成 ~聴いて 考えて つなげる授業を通して~」をテーマに授業改善に取り組みます。
教職員一人ひとりが「心・体・頭」を動かし、一人ひとりが学校を支えるために自覚を持って取り組みます。

2、教員の授業力をアップし、意欲的に取り組む児童の育成を図ります。

単元を見通した指導案から学びのプランを計画します。温かい聴きかた、やさしい話し方に取り組み、単元に応じて1~2時間の「考える授業」を設定します。その中で説明することなどを通した言語活動の充実を図り、考える力を育てていきます。
玉川小学校の教職員一人ひとりが、教育のプロとしての自覚を持ち、学校を支え学校を動かすために知恵を働かせます。今年度も、全教員が授業公開を行い、授業研究を通して子供の見方や考え方、授業のあり方などを児童の実態から学び合います。
今年度も、「一日授業参観日」「地域公開日」を設け、「保護者・地域の方々の参加・参画授業」を提案していきますので、ご参観・ご協力をお願いいたします。
  また、「柳川中学校区一貫教育推進」のため、各校園所が授業等を公開し研究協議を進め、交流を深めます。

3、学習規律・生活規律を基本にすえた、生徒指導・生活指導をすすめます。また、「レッツ!家勉」(家庭学習の充実)に取り組みます。

学習規律は「約束セブン」生活規律は「生活のきまり」を基礎に、学年に応じた「きまり」を確立し、当たり前のことができる学校づくりを目ざします。
①早寝・早起き・朝ごはんは、健康な心と体を作る基本 ②きちんと挨拶ができることが、コミュニケーションの基本③きまりをまもれる子どもになることが、安全な生活を送る基本。
この「基本」ができることによって、気持ちの良い学校生活が送れ、学習に向かう姿勢ができるようになると考えます。家庭との連携を図ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
学校が配布している「生徒指導上の注意事項」は、必ず目を通してください。
学校と家庭が同じ視点で子育てをしていきましょう。なお、春に「家庭学習のてびき」を配布しております。今年も「レッツ!家勉」に取り組みます。学力向上のため宿題を毎日ていねいにする自学自習の習慣がつくよう、ご家庭でもご協力ください。
また、昨年に引き続き、今年度も大阪府の「学校健やか推進事業」を受けております。学校教育アドバイザー・SC・SSWに、校内を回って子ども達の様子を見てもらい、専門的なアドバイスを頂いております。

4、地域との連携で、玉川小学校の子どもたちを育てます。

地域へ出かけての学習は、本校児童には欠かせません。地域の行事(団地祭り・文化祭)への参加、地域老人会とのシルバー交流、お店探検など、学校の中では学べない多くの地域の方々や異年齢の子どもたちとの交流は貴重な体験です。
「思いやりの心」「優しい心」「言葉遣い」など、たくさんのことを学んで成長していってほしいと考えます。今年度も、さまざまな交流を計画しています。
どうぞ暖かいご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

「地域と共に育つ」学校(PDF版)

Home