五百住の昔

 高槻市は、大阪府の北方北摂(ほくせつ)地域にあり、京と大坂・神戸を結ぶ中間に位置し、昔から淀川や西国街道(さいごくかいどう)などの交通の要衝(ようしょう〜だいじな所)として、古くから開けていました。
 さらに、北へ向かうと、丹波国亀岡から山陰道に続き、南を見れば生駒山を望み、淀川を渡って河内国に入ると、紀伊高野山への高野街道となり、ちょうど十字の交差点にあたっていました。
 その中で、五百住小学校校区が含まれる摂津富田の地域は、古代からの歴史と伝承を今日に伝えています。

五百住(よすみ)地名の由来
五百住(よすみ)のお地蔵さま